So-net無料ブログ作成

◎代々木公園で蚊にさされ級友3人デング熱に感染!症状と治療法は? [感染症]

海外へ行った経験がない都内の男性1人と埼玉の女性2人が デング熱にかかったことが、2014年8月28日、東京都と埼玉県 によって発表されました。

先に確認されていた埼玉の女性は10代で、他の2人は20代とのこと。
3人とも同級生で渋谷の代々木公園で蚊にさされたとのこと。

全員都内の学校の同級生といいますから、大学生なのでしょう。
学園祭の練習のため、学生34人が8月の初めから週3回ほど
午後から夜間にダンスの練習などをしていたそうです。

夕方は蚊が多くてさされやすいですから、3人ともデング熱のウィルス
に感染した蚊に刺されたようです。



◆デング熱とは

蚊が媒介するウィルス性の熱性疾患。
アジアや中南米、アフリカなど熱帯・亜熱帯地域で広くみらる。
世界中で毎年約5000万から1億人の患者が発生しているという。
日本では国内感染は70年ぶりとのこと。

人から人への感染はなく、

1週間程度で回復するが、一部は出血を伴う
重症のデング出血熱になることがある。


●デング熱の症状
多くは、突然の発熱や激しい頭痛などの症状がある。

●治療法
デング熱に対しては特有の治療薬はなく、対処療法が主体となる。

●予防法
実用化された予防ワクチンはないので、
公園など蚊がいそうな所へ行くときは、肌を出さない
ように長袖シャツ、名がズボンを着用すること。

◆感想
エボラ出血熱は死亡率が高く、半分以上の人が死亡して
いるので、非常に恐ろしいですが、

デング熱は多くは1週間ほどで回復し、死亡するのはまれ
のようで、エボラ出血熱に比べたら、ずいぶん恐ろしさが
ちがいますね。

都や埼玉県によると、3人とも重い症状はみられず、
快方に向かっているとのことで良かったです。

むやみに恐れることはなさそうです。
代々木公園で殺虫剤散布をしている写真がネットでも
公開されていましたし。

せいぜい蚊にさされないようにしましょう。

蚊の種類はネッタイシマカやヒトスジシマカだそうで シマシマが見えます。

画像はこちら>>ネッタイシマカ

画像はこちら>>ヒトスジシマカ (ソース:デング熱の国内感染3人に 全員級友、代々木公園で蚊媒介か
2014/8/28 19:53 【共同通信】)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました