So-net無料ブログ作成
検索選択

糖尿病治療 融合細胞使う動物実験成功 膵島移植多くの人に [糖尿病]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

膵臓(すいぞう)内でインスリンを分泌する「膵島(すいとう)」(ランゲルハンス島)の細胞を、骨髄から取り出した幹細胞と融合させ、生体内で効率的に働かせる動物実験に世界で初めて成功したそうです。

糖尿病の治療法の一つである膵島移植で、限られた膵島をより多くの患者に移植できる可能性があるということです

研究者
京都大再生医科学研究所の角昭一郎准教授(再生医療)らのグループが2013年5月29日発表。
米科学誌「プロスワン」に掲載されました。

重い糖尿病治療の現状
・体内でインスリンを分泌できない重い糖尿病患者には、膵臓移植が最も有効な治療法とされる。
・しかし、提供者の膵臓が移植に適さない場合は、膵臓内に点在する膵島を分離し、点滴で移植する方法がある。

・一つの膵臓から分離できる膵島は少量で、患者1人分に満たないこともあることが問題。
・また、移植後も効果が持続せず、再び膵島移植が必要になる患者が多い。

実験方法
・グループは、二つの異なる細胞を並べて電気刺激を与え、一つの細胞にする融合の技術に着目。
・細胞増殖などの能力に優れた大腿(だいたい)骨の骨髄由来の幹細胞と膵島細胞を融合させ、インスリンを分泌できないラットに移植した。

実験結果

・その結果、通常の膵島移植の半分の融合細胞を移植しただけで、血糖値が低下する効果が出ることを確認した。
・更に移植後3カ月間、血糖値が徐々に低下したことから、融合細胞が生体内で増殖したと考えられる。
・「膵島から融合細胞を作製し、それを移植するという新たな手法につながる可能性がある」と角准教授。
 
☆これもまた素晴らしい成功ですね。少ない膵島をより多くの患者に移植できるようになったら、より多くの人が救われるのですから。うれしくなります。
(ソース:ヤフーニュース 糖尿病治療 融合細胞使う動物実験成功 膵島移植に効果 毎日新聞 5月29日(水)13時19分配信 )

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 




MERSウイルス 仏でも死者 [感染症]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

MERSウイルス(サウジアラビアを中心に感染が拡大している新種のコロナウイルス)を巡って、WHO=世界保健機関は、
新たにフランスでも患者の死亡が確認されるなどヨーロッパでも感染が広がり始めていると、各国に警戒を呼びかけています。

新種のウイルス、「MERSコロナウイルス」は、2003年に感染が拡大した新型肺炎「SARS」を引き起こしたのと同じコロナウイルスの一種。
去年、初めて確認されて以降、サウジアラビアを中心に中東で急速に感染が拡大し、このところヨーロッパでも感染の報告が相次いでいます。

このうちフランスでは2013年5月28日、このウイルスによる患者の死亡が初めて確認されました。

フランス保健省の発表によると、亡くなったのは65歳の男性で、中東へ旅行したあと発症したということで、同じ病室に入院していた別
の50代の男性もこのウイルスへの感染が確認され症状が重いため現在、入院しているということです。

WHOによりますと、「MERSコロナウイルス」への感染が確認されたのは、28日までに中東とヨーロッパで合わせて44人に上り、
このうち23人が死亡しています。

今のところウイルスの感染源や感染経路は分かっておらず、WHOのチャン事務局長は、世界全体の健康状況にとっての最大の脅威になっている
として、各国に対し警戒を呼びかけています。
☆MERSウイルスに感染した人の半分以上が死亡しているというのは恐ろしいことですね。

(ソース:NHKニュース 2013年5月29日 21時12分)
中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス)集団感染発生
中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス)注意
中東呼吸器症候群(MERS、マーズ)潜伏期間長く 帰国後発症の恐れ 

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス)注意 [感染症]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

中東呼吸器症候群」と呼ぶことになった、サウジアラビアを中心に感染が拡大している新種のコロナウイルスによる感染症について、厚生労働省は空港や港の検疫所でポスターを掲示するなどして注意を呼びかけています。

中東呼吸器症候群を引き起こすウィルス

・このウイルスは2003年に感染が拡大した新型肺炎「SARS」を引き起こしたコロナウイルスの一種の「MERS(マーズ)コロナウイルス」で、2012年9月に初めて確認され、2013年4月以降、サウジアラビアを中心に感染が拡大している。

・WHOによると、これまでに感染が確認されたのは中東やヨーロッパで合わせて44人に上り、このうち22人が死亡しているが、今のところ感染源や感染経路などは分かっていない。

厚生労働省の呼びかけ

・2013年5月24日、この感染症を「中東呼吸器症候群」と呼ぶことを決めた。
・国内でも感染が確認されるおそれがあるとして、空港や港の検疫所でポスターを掲示するなどして注意を呼びかけている。

・この中で、患者の発生が報告されているサウジアラビアやカタールなどから帰国した人に対して、発熱やせきなどの症状がある場合は検疫所に相談するよう呼びかけている。

・こうした国に渡航する人に対しては手洗いの徹底や動物との接触を避けるなど、一般的な衛生対策を取るよう呼びかけている。

・医師に対しては、感染の疑いのある患者を診察した際は、厚生労働省に報告するよう求めている。


◆「MERSコロナウイルス」とは
・MERSコロナウイルスは、10年前に中国などで感染が拡大し、800人近くが死亡した「SARS」の原因と同じ、コロナウイルスの仲間。

・これまで感染が確認された患者は、発熱やせき、息切れなどを示したあと、急激に症状が悪化し、ほとんどのケースで肺炎を起こした。
・遺伝子の配列はSARSのウイルスと似ていて、もともとはコウモリに由来するとみられている。

・2012年6月にサウジアラビアの病院に入院した患者から初めて検出され、その後、中東やヨーロッパ各地でそれぞれ複数の感染が確認されているが、詳しい感染経路は分かっていない。

・コロナウイルスの仲間は数十種類に上るとされ、人をはじめとした哺乳類や鳥の呼吸器や消化器、それに神経系の細胞に感染して、さまざまな症状を引き起す。

・SARSが発生するまで、人ではせきや鼻水といった軽いかぜを引き起こすありふれたウイルスとして知られていた。

・京都産業大学の大槻公一客員教授は、「コロナウイルスは遺伝子変異が起きやすく、強い病原性を示すことがある一方で、一定期間たつと病原性が弱まることもある。今後も、感染の動向を注意深く見ていく必要がある」と話している。(ソース:NHKニュース 2013年5月29日)

☆詳しいことはまだわからないようで、心配です。

関連記事>>

中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス)集団感染発生
MERSウイルス 仏でも死者
中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス)注意
中東呼吸器症候群(MERS、マーズ)潜伏期間長く 帰国後発症の恐れ
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

切らないがん放射線治療 サイバーナイフ が注目 [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

がんの放射線治療である「サイバーナイフ治療」は、病巣に正確に集中照射することで、がん細胞にダメージを与える方法で、副作用や患者の負担が少なく、根治も可能な治療法として注目されているそうです。

サイバーナイフとは

・病巣に向けてエックス線を多方向から集中照射し、がん細胞にダメージを与える定位放射線治療装置。
・米スタンフォード大のジョン・アドラー教授によって開発され、約10年前から国内の医療機関にも導入されつつある。
・従来の放射線治療に比べ、周辺の健康な細胞の被曝(ひばく)を抑えられるため、副作用が少ない

・多方向からの照射が可能で、単発のがんなら短期間の治療で根治できる可能性もある。
・頭部を金属のピンで固定する必要のあったガンマナイフより体の負担も少ない

新百合ケ丘総合病院(川崎市麻生区)の現状と見通し

・最大1200方向から集中的に照射する機器が使われている。
・咽頭(いんとう)がん、脳腫瘍など頭頸部のほか、肺や肝臓、骨盤内の腫瘍など体幹部のがんも治療できる。

・PET(陽電子放出断層撮影)検査の画像などを基に、一人一人に応じた治療計画が立てられる。
・以前と違って痛みもなく、早い人なら3日で人生が変わる

・適応できるがんはもっと広がる可能性がある。
・社会生活への復帰も容易で、働きながら通院したり、高齢で体力に不安がある場合にも受けたりしやすい。

治療は原則として健康保険が適用される

サイバーナイフが向かない場合

・広範囲を照射するわけではないので、局所的ながんに向いており、多発的ながんでは他の治療がいい場合もある。
・胃や大腸など向かない臓器もある。

・既に限度いっぱいの放射線治療を受けている場合も選択できないケースがある。
・適用にはPET検査などによる正確な診断が不可欠

取材協力者新百合ケ丘総合病院(川崎市麻生区)笹沼仁一院長 放射線治療科の医師、宮崎紳一郎氏

(ソース:ヤフーニュース 切らないがん治療「サイバーナイフ」 患者の負担少なく根治も 産経新聞 5月29日(水)8時29分配信 )

☆がんの治療は日々進歩しているのですね。医療ニュースを見ているだけでも驚きの連続です。がんになっても、多くの選択枝があるのですから、あきらめず、自分に適した治療法を探そうと思いました。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶ

がん放射線治療の効果 翌日判明する方法開発 [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

がんの放射線治療後、約1日の短時間でその効果を判定できる方法を動物実験で開発したそうです。
実用化できれば、現在は数週間~数か月かかる判定が、大幅に短くなるということです。

(放射線医学総合研究所(千葉市)の青木伊知男チームリーダーらが発表)

実験方法

放医研と大阪大学の研究チームは、大腸がんのマウスに放射線を当てた後、がん細胞に取り込まれやすい造影剤をマウスの血中に入れ、約24時間後に磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影した。

実験結果

その結果、放射線が効いて弱ったがん細胞は造影剤をうまく吸収できず、放射線が効かない活発ながん細胞と画像で区別できることがわかった

判定が短時間になるメリット
放射線治療が効かなかったとわかれば、次の治療法を早く検討することができるので、放射線の効果がわかるまでに『手遅れ』となる症例を減らせる。(2013年5月27日17時41分 読売新聞)

☆現在は数週間~数か月かかる判定を翌日分かるなんて、すごいことですね。確かに、判定が出るまでに手遅れになる症例をぐんと少なくすることができるすばらしい開発だと思われます。

★放射線治療に関する本をもっと見る>>楽天サイト★

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 




カラーコンタクトで目のトラブル急増 [目の病気]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

カラーコンタクトレンズを使う人の間で、目の不調を訴える患者が急増しているそうです。

目の不調を訴える患者の内訳

眼科医でつくる日本コンタクトレンズ学会が2012年7月から3か月間、全国の眼科医を対象に調べたところ、
カラーコンタクトの眼障害395例が確認され、20代以下が80%以上を占めた。

内訳
15~19歳が41%、20~24歳30%、25~29歳16%と、若いほど多かった


目の不調の症状

・角膜(黒目)の表面に傷がついた「点状表層角膜症」が最も多く(37%)、
・次いで、白目とまぶたの裏の薄い膜「結膜」が炎症を起こす「アレルギー性結膜炎」(22%)、

・黒目の周囲が赤くなる「毛様充血」(18%)
・角膜の傷が炎症を起こす「角膜浸潤」(17%)、

・それがさらに進行した「角膜潰瘍」(5%)、
・まぶたの裏の結膜にできものができる「巨大乳頭結膜炎」(4%)

☆合計100%を超えますが、ダブっている人もいるからでしょう。


目の不調の原因

1.カラーコンタクトレンズが粗悪品である場合
2.取り扱いに問題がある場合

この2点にしぼられるとのこと。

カラーコンタクトレンズが粗悪品である場合
雑貨品扱いの粗悪品は、酸素透過性が低いため、酸素不足で角膜内皮細胞の減少や変形を招き、トラブルとなるので、
高度管理医療機器として薬事法の承認を受けた品目を購入すること。

取り扱いに問題がある場合

日本コンタクトレンズ学会の調査によると、80%が購入時に眼科を受診しておらず、消毒やこすり洗いといった正しいケアをしていなかった人も36%に上ったので、眼科医のアドバイスを受けながら正しく装用してほしい」と呼びかけているそうです。

☆大切な目のことですから、酸素が通る良い品質のレンズを使用すること、定期的に眼科を受診して、アドバイスを受けながら正しく装用することが必要ですね。
私自身はコンタクトレンズは使用したことがなく、もっぱらメガネを愛用していますが。

(ソース:ヤフーニュース カラーコンタクト 目のトラブル急増…角膜傷つける粗悪品も 読売新聞(ヨミドクター) 5月25日(土)16時41分配信)
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

最高のストレス解消法は泣くこと  と脳研究者 [心や神経の病]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

☆映画や小説などで泣くと、心がスッキリする経験はよくありますが、それがストレス解消になると、脳生理学者の有田秀穂氏。

悲しいときや感動したときに流れる『情動の涙』には、高い抗ストレス効果があり、
なかでも他者への共感から生まれる『感動の涙』を流すと、緊張、不安、敵意などのネガティブな気分が解消されることが実験からわかっているそうです。

脳ストレスに効果的
IT化が進んだ近年は日々の身体的ストレスは減少したが、心の病の発端となる脳ストレスをため込む人が増加中。
その脳ストレスは睡眠や食生活の改善でも消し去るのは困難。感動の涙により解消することが可能だとのこと。

週末に1回涙を流せば大幅にストレス軽減

「脳ストレスの原因となる職場の環境などを変えるのは困難でも、涙を流すことで日々のストレスを軽減することは誰でも可能。
なお涙のストレス解消効果は数日間にわたって持続するので、週末に好きな作品に触れて涙を流す“週末号泣”を行うだけでも十分効果あり。

笑うより泣く方がストレス解消
また笑うことでも人は元気になったり気分が高揚したりしますが、ストレスを洗い流し心リセットする効果は涙のほうが高い。

感動の涙を流すコツは?
・部屋で映画を見たりする場合は、照明を暗くするなど、作品に集中できる環境をつくること。
・最低でも15分は作品世界に浸ってみる。
・感動が高まってきたら我慢せずに涙を流すこと。

・気分が中途半端に高まったまま涙を流さずに終わってしまうと、逆にストレスをため込んでしまう可能性がある。
・涙を流すには「過去に泣いた作品をまた見る」のもアリ。

専門医に相談
・過去に感動した作品は、何度見ても同じように泣けるはず。
・いつもは感動する作品でも“泣きたいのに泣けない”場合は、精神的疲弊が進んでいる証拠。
・うつ病などの可能性もあるので早めに専門医などに相談しましょう。

有田秀穂氏について
1948年生まれ。専門は脳生理学。東邦大学医学部統合生理学教授などを歴任し、セロトニン道場代表も務める。
『脳からストレスを消す技術』(サンマーク文庫)など著書多数

(ソース:「泣くことは最高のストレス解消法」と脳の研究者が推奨 週刊SPA! 5月25日(土)16時21分配信)
☆最近、泣いた映画や小説あったかなあ。それを探すのが大変そう。心掛けて探しておきましょう。
定年退職して好きなことしかしていない私にはあまりストレスはないですけどね。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

がん予防で乳房切除 16施設が実施・計画 [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが予防のため乳房を切除して関心を集めている「遺伝性乳がん・卵巣がん」について、日本国内でも16施設が予防的な乳房切除を、21施設が卵巣・卵管切除をそれぞれ実施または計画していることが、読売新聞の調べでわかったそうです。

将来、がんを発症するかもしれないという心理的負担を減らす予防策の一つとして、国内でも広がりつつあるようです。

予防的切除の適応

「遺伝性乳がん・卵巣がん」の遺伝子変異がある人に対し、将来乳がんや卵巣がんを発症する確率を低くすることを目的に、
本人の強い希望があった場合に検討されます。

アンケート調査
「遺伝性乳がん・卵巣がん」の遺伝子検査をしていることを公表している全国55施設にアンケートを送り、聞き取り取材も含め41施設から回答を得ました。
(回答率75%)。


回答結果
◇予防的乳房切除の実施や計画を明らかにしている施設

・聖路加国際病院(東京都)
・がん研有明病院(同)
・相良病院(鹿児島県)が6月に院内の倫理委員会に諮る予定。
・「計画中」と答えた病院が13施設。


◇予防的卵巣・卵管切除の実施や計画を明らかにしている施設

・聖路加国際病院
・がん研有明両病院
・大阪大
・慶応大(東京都)で実施ずみ 2件
・四国がんセンター(愛媛県)で実施ずみ1件
・国立病院機構岩国医療センター(山口県)で実施ずみ1件
・宮崎大は具体的な手術予定あり。
・聖マリアンナ医大(神奈川県)も準備を進めている。
・相良病院も倫理委員会に諮る予定。
・「計画中」と答えた施設が12施設。

☆再建手術がない卵巣・卵管切除の方が実施する施設が多いようですね。
いずれにしても、検査や手術に多額のお金が必要ですから、お金持ち用という感じがします。

(ソース:ヤフーニュース 読売新聞 最終更新:5月24日(金)14時35分)

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ

肉食男性、糖尿病発症リスク4割高い [糖尿病]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

牛肉や豚肉の摂取量が多い男性は、糖尿病の発症リスクが4割高まることが、国立がん研究センターなどの調査でわかったそうです。
一方、女性は、食肉の摂取量と糖尿病発症との関連はみられなかったとのこと。

☆男性と女性で、結果が全然違うのですね。女性にはうれしい結果ですが。

調査方法

糖尿病やがんなどの病気がない全国の男女約6万4000人を約5年間追跡し、食肉の摂取量も尋ねた。
追跡中、男性681人、女性497人が糖尿病を発症。

肥満や喫煙などの影響を取り除いた上で、1日あたりの食肉摂取量ごとに4グループに分け、糖尿病発症との関係を調べた。

調査結果
・男性では、食肉の摂取量が最も多いグループ(1日あたり中央値108グラム)は最も少ないグループ(同23グラム)に比べて、糖尿病の発症リスクが1・36倍だった。

・中でも牛肉や豚肉は、糖尿病の発症リスクが1・42倍と高かった。
・鶏肉や、ハム、ソーセージなどの加工品との関連はみられなかった。
・女性は肉類全体、種類別のいずれも発症との関係がみられなかった。

原因

・肉に多く含まれる鉄分などが、血糖値を下げるインスリンの効きを悪くしている可能性がある。
・女性は体内の鉄の蓄積量が少なく、肉類摂取の影響を受けにくいと考えられる。

(研究チームの黒谷佳代・国立国際医療研究センター臨床研究センター上級研究員による)

☆男性は牛肉や豚肉にかたよらず、魚や鶏肉も、バランスの良く取り入れる必要があるようです。

(ソース:ヤフーニュース 糖尿病>「肉食男性」発症の危険性、4割高く 毎日新聞 5月21日(火)13時13分配信 )

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


γGTP値も上司が点検 飲酒不祥事続く福岡市 [肝臓病]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

職員の健康診断の数値(肝臓のγGTP値)を上司が確認し、アルコール依存症の危険性が高い職員には、酒量を控えるよう指導することを決めたそうです。

職員の飲酒による不祥事が続く福岡市が、飲酒による不祥事対策で決めたことで、自治体が職員の生活面にまで踏み込むのは異例です。

福岡市職員の飲酒による不祥事
・2006年8月、一家5人が乗った車が飲酒運転していた市職員(当時)の車に追突され、海に転落、子ども3人が水死した。

2012年5月18日、酒に酔った職員2人が傷害と暴行容疑で相次いで逮捕された。
その後も 職員3人が逮捕、部長1人が書類送検されるなど、飲酒に絡む不祥事は収まっていない。

これまでの、対策

・2012年5月18日の不祥事を機に、同市の高島宗一郎市長が2012年5月21日、1か月間は自宅外で飲酒しないよう全職員に要請する異例の「禁酒令」
を出した。

・市は、懲戒処分の指針を厳格化し、「飲酒を伴う場合は標準より重い処分にする」として器物損壊などでも上限が免職になった。

しかし、、飲酒に絡む不祥事は収まっていない。

今後の対策

・年に1度の健康診断後、職員のγ(ガンマ)GTPなど肝臓の数値に異常がないかどうかのチェックを所属長に指示する。

・要受診の判断が出た職員については、所属長が酒量を控えるよう指導するとともに、家族にも過度の飲酒をさせないよう協力を要請。医院にも同行してもらう。

・受診結果は報告を求める。

(2013年5月21日 読売新聞)

☆ここまでしなくてはならないとは、なんだか情けない感じですね。本当にこれでいいのか福岡県福岡市です。
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。