So-net無料ブログ作成
検索選択

iPS細胞の臨床研究 目の難病治療 8月から患者募集 [移植 再生 IPS細胞]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

いよいよiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った加齢黄斑変性症という目の難病治療の世界初の臨床研究が日本で開始されます。


◆この臨床研究を実施する施設 

理化学研究所と先端医療センター病院(神戸市)が2013年7月30日、会見を開き、研究計画を正式に発表しました。
理研は2月、計画書を厚生労働省に提出しました。

理研の高橋政代プロジェクトリーダーは「治療法を作るための第一歩。これから長い道のりがある。責任をひしひしと感じている」
と述べました。

臨床研究の対象者
臨床研究は、目の「色素上皮」という組織によけいな血管が生えて視力が落ちる難病「加齢黄斑変性症」の患者6人が対象。

治療方法
血管や古い色素上皮を取り除き、患者自身の肌からiPS細胞を通して作った色素上皮を移植します。

計画の了承
iPS細胞は遺伝子導入で作られるため、移植後にがん化するなどして人体に害を与える恐れもあるので、
こうした問題が起きないかどうか、専門家による厚労省の審査委員会での審議を経て、

今月7月19日に田村憲久厚労相が計画を了承したのです。

患者の募集

参加する患者の募集は、8月1日から始まります。
高橋さんは会見で「厚労省において、諸手続きを迅速に行っていただいた。
世界に先駆けて、適切な形で臨床研究を行えることを感謝している」と述べました。

(ソース:ヤフーニュース 朝日新聞デジタル 7月31日(水)9時30分配信 )

☆希望者が殺到すると思いますが、どうやって決めるのでしょうか。気になります。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

山中教授 京都名誉市民の称号を [移植 再生 IPS細胞]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の山中伸弥教授(50)が本日(2013年7月30日)、京都市から名誉市民の称号を贈られ
「これからも研究者として、教育者として、若い人たちと頑張っていきたい」と抱負を語ったそうです。

☆すばらしいことです。むしろ遅いのではないですか。世界の中山教授にまだ送られていなかったとは。

国立京都国際会館(京都市)での表彰式で、門川大作市長が表彰状やメダルを贈呈。
山中教授は「京都市に税金を納めたことはないが、ずっと京都市民になりたいと思っていた」と会場を笑わせたとか。

☆どうして京都市に税金を納めていないのかと思ったら、山中教授は大阪市在住なので、大阪市に税金を納めているのですね。面白い冗談でした。びっくりしましたよ。脱税かと思って(笑)。

2004年10月から京大を主な拠点として研究活動に取り組み、京大iPS細胞研究所の所長を務めているので、京都市に貢献していることで、京都市の名誉市民の称号を与えられたのでした。

(ソース:2013/07/30 11:50 【共同通信】)
 
 
 

もっと知りたい ニュースの「言葉」
ノーベル医学生理学賞とは(2002年10月7日)
医学と生理学の分野で最高の栄誉。
アルフレッド・ノーベルの遺言によると、「前年に人類に最も貢献し」「医学・生理学の分野で最も重要な発見をした人」に贈られる。

☆日本からは1987年に利根川進・米マサチューセッツ工科大教授
高等動物の免疫反応で多様な抗体がつくられる仕組みを遺伝子レベルで解明して受賞しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

不妊治療助成 年齢制限「42歳」提示へ [妊娠出産 不妊]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

厚生労働省検討会の作業チームが、不妊治療の公費助成対象を「42歳以下」とする案を新たにまとめたことが2013年7月26日分かったそうです。

医学的有効性などを根拠に既に議論の対象となっている「39歳以下」の案とともに、29日に開かれる検討会に提示するとのこと。

検討会ではこれまでに「40歳を超えると不妊治療の成功率が下がり、流産率も高くなる」との研究班の調査結果が報告されているため、「39歳以下」の案が議論されていたようです。

☆新聞にも出ていたので、39歳になるのかなと思っていました。

しかし、一部の委員からは「治療を断念する人が増える42~43歳を区切りにしてはどうか」との意見も出ていたのでそれを考慮しての今回の「42歳以下」の案になったようです。

☆39歳だとまだあきらめきれない人もいると思われるので、42歳の案は名案じゃないですか。
それ以上望む人は自費でやってもいい人でしょうし。 これで無駄な助成が減らせれば良いですね。

 
 
 


もっと知りたい ニュースの「言葉」

不妊治療(2009年8月29日)とは

子どもができにくい男女に医学的な処置を行い妊娠、出産を助ける治療。
排卵を促す薬物療法のほか、卵子と精子を培養器で受精させ子宮に戻す「体外受精」、
精子を直接子宮に注入する「人工授精」などがある。

加齢とともに妊娠しにくくなるため、晩婚化も患者増加の一因とされる。
医療機関の調査では国内には体外受精の実施施設が600弱あり、治療による出生児数は年間約2万人。
統計が残る1983年から2006年までの累計で、約17万4500人が誕生しているという。

☆案外多く生まれているのですね。助成金も役立っているようです。

(ソース:2013/07/27 02:00 【共同通信】)
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

乳がん治療薬の働きを阻害する物質 カベオリン発見  [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

乳がん全体の2~3割を占める「HER2陽性乳がん」の治療薬ハーセプチン(一般名トラスツズマブ)
の働きを妨げるタンパク質が発見されました。

発見者
岡山大の妹尾昌治教授らのチームが発見、2013年7月25日に発表。

ハーセプチンとは
治療薬ハーセプチン(一般名トラスツズマブ)は乳がんのうち、がん細胞表面にあり、がん増殖を促進する
HER2というタンパク質を多く持つ患者に使われる。

発見されたタンパク質
カベオリンというタンパク質が、ハーセプチンの働きを邪魔していたことが突き止められた。

今後の見通し
カベオリンを作る遺伝子の有無を調べれば、他の治療方法を選択できる。

(ソース:2013/07/25 【共同通信】)

☆カベオリンを作る遺伝子は全員にあるわけではないようで、カベオリンを作る遺伝子を持つ人には
ハーセプチンを使わず、別の薬や治療法をすれば言い訳ですね。

ハーセプチンを使って効かないことが分かってからでは手遅れということもあるでしょうから、カペオリン
を作る遺伝子の有無を調べてハーセプチンを使うのは良いですね。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ちょっと変えるだけで 脳卒中が大幅に減る7つの習慣 [脳の病気]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

いつも健康診断の度に言われる、運動、血圧・脂質管理など、耳にたこができるくらいぐらいですね。
そんなこと、ちょっとやったぐらいで効き目があるなんて誰も思っていないんじゃないでしょうか。

ところが、意外や意外、「生活習慣を“ちょっと”変えるだけで、脳卒中の発症リスクが大きく下がる
という研究報告が医学誌の「脳卒中(Stroke)」に載ったのです(2013年6月)。

研究報告者:米バーモント大学の内科学チームら

研究方法

45歳以上の米国在住の黒人、白人、約2万3000人を対象に、米国心臓協会(AHA)が推奨する7つの生活習慣の指標を使って、脳卒中の発症リスクを検討しました。

AHA推奨の「7つのよい」生活習慣「Life's Simple 7(LS7)」

(1)運動
(2)コレステロールの管理
(3)より健康的な食事
(4)血圧を適正に保つ

(5)適正な体重の維持
(6)血糖値を下げる
(7)禁煙

いつも健康診断で言われていることですよね。でもこれが侮れないのです。

研究結果

研究では約5年間の追跡期間中、432人が脳卒中を発症。

◇LS7(7つの良い生活習慣)から見た生活習慣の評価3分割の脳卒中発症リスク

・0~4  不十分な人

・5~9  平均的な人 不十分な人に比べて 平均的な人は発症リスクが27%低下。
・10~14 最適な人  不十分な人に比べて 最適な人は発症リスクが48%も低下。

◇最適な人とは 
週に150分以上の運動、血圧は120/80mmHg未満に、総コレステロール値は200mg/dL未満に、などが推奨されている。

それぞれの発症リスクを調べたところ、LS7スコアが1ポイント上がると、脳卒中の発症リスクが8%低下した。
特に顕著なのは血圧値との関連で、血圧管理が最適な人は不十分な人よりも60%発症リスクが低下した。
非喫煙者、あるいは1年以上前に禁煙していた場合は、発症リスクが40%低下した。

人種間の差

研究者によれば「スコアと脳卒中発症との関連は人種間での差は認められず」LS7の総合的な脳卒中予防効果は、人種に関係なく発揮されることが証明された。

☆最適な人は48%もリスクが下がるとはいうものの、週に150分以上の運動、血圧は120/80mmHg未満に、
総コレステロール値は200mg/dL未満にするのはやはり大変でしょうね。ちょっと変えるだけでいい人は簡単でしょうけど。
 
(ソース:運動、血圧・脂質管理、etc. 脳卒中を予防する7つの習慣 ダイヤモンド・オンライン
2013年 7月22日)

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

中毒性高い メントールたばこ 禁煙もむずかしい [心や神経の病]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

米食品医薬品局(FDA)は2013年7月23日、メントールを含むたばこは通常のたばこに比べ、より中毒性が高い可能性があるという評価結果をまとめました。

販売禁止も含めた規制の在り方を検討するため、一般の意見募集を始めたとのこと。【ワシントン共同】

☆米国はなかなかおつなことをする国なんですね。メントールたばこを規制するために一般の意見を募集するなんて。
日本ではそんなことするでしょうか。専門家を集めて協議するだけじゃないかと思います。

 
 
 

メントールたばこと通常のたばこに関する研究結果
FDAの専門家チームが、分析したところ。

・肺がんや呼吸器疾患など健康への直接の害では差が見られなかった。

・メントールたばこは若年層がたばこを吸い始めるきっかけになることが多い上、
ニコチンに対する中毒症状を示す度合いが高く、禁煙も成功しにくい傾向がある。

☆私は喫煙しないのでタバコの味などわからないのですが、メントールはすっきりした癖のない味で
若者に好かれるようです。中毒になりやすく、禁煙も成功しないのは望ましくないですね。
そもそも喫煙するのが悪いと思うのですが、まずは米国がどうするか見てみましょう。

(ソース:2013/07/24 08:14【共同通信】)

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

子宮頸がんワクチン 群馬で 副作用さらに4人 [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

子宮頸(けい)がんワクチンの接種後の副作用が問題になっていますが、
群馬県内の医師らが今月(2013年7月)12~19日に、新たに4件の副作用とみられる症状を国に報告したことが22日にわかったそうです。

国が子宮頸がんワクチン接種の補助を始めた2010年11月以降の群馬県内の報告例は、これで15件になったとのこと。

☆普段ならニュースにはならないのかも知れませんが、問題になっているので取り上げられたのでしょうか。
子宮頸がん検査キット  ds

子宮頸がん検査キット  ds 

報告者

4件のうち3件は、2012年3月~4月に接種を受けたもので、医師が一年以上過ぎて報告。
他の1件は、接種を受けた女子の保護者がワクチン接種3日後に報告。

いずれも自治体を通じて国に報告。

副作用の症状
◇医師の報告例は全て重症
全身や手首、足首の痛み、めまい、貧血などの症状を訴え、うち1人は現在も回復していない。
中には、接種後1か月以上たってから2か月近く入院した女子もいるという。

◇保護者による報告例
ワクチン接種3日後に頭痛やめまい、視力低下の症状が出た。

☆護者の例は比較的軽度で医師にかからなかったので、保護者が報告したということでしょうか。
それにしても、群馬県内だけで、3年間に15人というのはちょっと多いような気がします。

子宮頸がんは早期発見が可能ですし、不特定多数の人と性交渉を持ったりしなければ予防できるがんですから、子宮頸がんワクチンは接種しない方が良いとは思いますが。

(ソース:2013年7月23日 読売新聞)
「子宮頸がん」経験したからこそ伝えたい!/仁科亜季子

「子宮頸がん」経験したからこそ伝えたい!/仁科亜季子  



最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

問題のバルサルタンを 済生会中央病院が使用中止 [薬物関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)に血圧を下げる以外の効果(脳卒中予防など)もあるとした臨床試験疑惑で、東京都済生会中央病院(高木誠院長、535床)は2013年7月22日、バルサルタンの使用を8月5日から中止すると発表したそうです。

バルサルタンを配合した別の商品(コディオ、エックスフォージ)も対象になっています。

東京都済生会中央病院は、データ操作があった府立医大の試験で、販売元のノバルティスファーマの社員が統計解析を担当していた点を問題視。

★「同種薬剤が多数存在する中であえて処方する理由は少ない」「効果に疑問が出ている薬剤を漫然と使用することは倫理的にも問題」として中止に踏み切った東京都済生会中央病院の対応は正しいと思います。

済生会本部によると決定は東京都済生会中央病院単独ものだということですが、いずれ済生会全体に波及すると思われ、恩賜財団済生会は国内最大の社会福祉法人で、90以上の医療機関を抱えているので影響は大きいでしょう。

しかし、今後こういう不祥事が起こらないようにするためにも、バルサルタンの使用を中止することは必要だと思われます。

一方、患者には「降圧薬としての効果と安全性に問題はなく、処方変更まで服用を急に中止するのは絶対にやめて」と注意を促したのも当然ですが適切な指示でした。

急に降圧薬をやめると血圧が急激に上がったりして、脳卒中などの危険がありますからね。

(ソース: 7月22日(月)20時17分配信 毎日新聞)


最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

23歳以上の男女は全員 風疹ワクチン接種を呼びかけ [感染症]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

今年は例年になく、過去最悪のペースで風疹が流行し、免疫のない妊婦が風疹に感染すると胎児がかかる可能性があると言われる先天性風疹症候群(CRS)が大問題になっています。

産婦人科 周産期医療の専門家で、 国立病院機構横浜医療センターの奥田美加(おくだみか) 部長は
「先天性風疹症候群(CRS)を減らすために先進国では風疹ワクチンの接種を徹底してきた。

日本も今、風疹撲滅を目指すべきです」。と「23歳以上の男女は全員 風疹ワクチン接種をするように」
呼びかけています。(日経ウーマンオンライン 2013年7月22日)


先天性風疹症候群(CRS)の原因
妊娠した女性(特に妊娠3カ月以内)が風疹にかかるとウイルスが胎児に感染し、発育に影響が出る可能性がある。

先天性風疹症候群(CRS)の3大症状と新生児の治療法

1.先天性心疾患 ⇒ 軽度の場合は自然治癒。そうでない場合は可能な時期に手術治療を行う。
2 白内障 ⇒ 手術が可能になった時期に、濁り部分を取り除く手術を行う。人工水晶体を使用することもある。
3 難聴 ⇒ 難聴の程度はさまざまで重い場合もある。治療法として、人工内耳が開発され、乳幼児にも応用されつつある。

☆これだけの治療法があるということは、最悪の場合でも救いがあるのですね。

先天性風疹症候群(CRS)の妊娠週によるリスクの程度

CRSのリスクは、妊娠週、風疹の症状、ウイルス量などで大きく異なり、報告により若干の差があるが

・妊娠4~6週ではほぼ100%で何らかのCRS症状が見られる。
・7~12週で80%
・13~16週で45~50%
・17~20週では6%に低下する

☆ということなので、妊娠中に風疹にかかったと分かっても、すぐ中絶を考えるのではなく、
まずは落ち着いてかかりつけの産婦人科医に電話で相談をするべきだと思われます。

何回も呼びかけが行われていますが、妊娠を望む夫婦、妊娠の可能性がある婦人はワクチンの接種をするべきとのこと。
ワクチン接種後、女性は2カ月の避妊が必要ですが、過去の臨床報告では、気づかずに妊娠していた場合に先天性風疹症候群を発症した例はないそうです。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

白血病の重症化に関与する遺伝子の変異を発見 [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

血液がんの一つ「骨髄異形成症候群」が白血病に進行したり、小児の白血病が悪化したりするのに、
共通の遺伝子の変異が関与していることが分かったそうです。

研究者

京都大や名古屋大などのグループが発見し、研究結果を、科学誌「ネイチャー・ジェネティクス」に発表。

遺伝子の変異を発見した経緯
研究グループは、正常な血液を作れなくなる血液がんの一種、骨髄異形成症候群の患者20人について、
がん細胞の全遺伝子を解読した結果、うち2人で「SETBP1」と呼ばれる遺伝子に変異をみつけた。

患者727人の細胞を詳しく分析すると、発症時のこの遺伝子に変異がある割合は4%だったが、
白血病に進行した患者では、変異の割合は17%に上った。

さらに、乳幼児が発症する「若年性骨髄単球性白血病」の患者13人の全遺伝子を解読したところ、
3人にSETBP1の異常があった。

患者92人の遺伝子を分析すると、白血病発症後の悪化時に変異が起きている可能性が高かった。
変異がない患者の5年生存率は65%だが、変異がある患者では33%と低かった。

☆これだけでは、よくわかりませんが、骨髄異形成症候群の患者で「SETBP1」と呼ばれる遺伝子に変異が
ある患者は白血病に進行したり、小児の白血病が悪化したりする可能性が高く、5年生存率も低いということでしょうか。

この発見が治療薬の開発などにつながることが期待されます。
(ソース:2013年7月15日 読売新聞)
 
 
 
 
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。