So-net無料ブログ作成
検索選択

エイズ患者増加数が過去最多 無料で検査 [感染症]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

HIV感染者とエイズ患者の増加数が、過去最多になったことが分かったそうです。

HIV感染者とエイズ患者とはどう違うのでしょうか。
簡単に言うと、HIV感染者とはHIVに感染した人のことであり,エイズ患者とはHIVに感染した結果,エイズ特有の症状が現れている人のことをいいます。

もう少しくわしく言うと、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染でおこるHIV感染症の終末像がエイズ(AIDS、
後天性免疫不全症候群)です。

エイズ特有の症状とは
カンジダ症,カリニ肺炎,カポジー肉腫,生命にかかわるひよりみ(日和見)感染など。
エイズ動向委員会が23の指標となる疾患を定めていて,その1つ以上が明らかに認められる場合をエイズとしています。(ソース:保健体育教科書 大修館書店)

厚生労働省の報告
今年(2013年)4月からの3カ月間で、国内で新たに報告されたHIV感染者は294人増えて1万5226人に、
エイズ患者は146人増えて6970人となりました。

厚労省が調査を始めた1984年以降、3カ月ごとの報告数としては、エイズ患者が過去最多となったほか、
HIV感染者を合わせた数でも、2010年の第4四半期の422人を抜いて440人となり、最も多くなりました。

年齢別エイズ患者

年齢別でみると、エイズ患者は50歳以上が最も増えたということです。
厚労省は理由として、幅広い年齢層でHIVに感染する機会が増えたことなどを挙げています。

厚生労働省の呼びかけ

早期に治療を受けることでエイズへの発症を防ぐことができるため、HIV検査を受けるよう呼びかけています。.

(ソース:テレビ朝日系 ANNニュース8月31日(土)8時36分)

☆治療法が見つかったことで、HIVやエイズのことがあまり騒がれなくなったため、患者数は減少しているのだと思っていました
から、過去最多の増加数とのニュースに驚きです。

それも若い人ではなく50歳以上が最も増えたということにさらに驚きました。
若い時に感染したのが今になって発病したのでしょうか。
 
それとも、若い人達には教育が行き届いているということでしょうか。いずれにしても、若い人が増えたのではないことは
良かったです。

★検査などについて

HIVはほとんどが性行為で感染します。不特定多数の人と性行為を行うのはやめましょう。

検査は、近くの保健所や医療機関で受けられます。保健所では無料・匿名(とくめい)の検査を予約制で行なっています。
また大都市など、地域によっては、夜間や休日にも検査をしているところがありますので、気軽に検査を受けましょう。

感染が早期発見できれば、発病を遅らせるか一生発病させないこともできるそうですから。

★利用できる福祉制度
HIV感染者は、免疫障害の程度・日常生活上の障害の程度に応じて、障害認定を得るための申請ができ、
障害者手帳・障害者年金の交付が受けられます

このほかに、治療費が支給される自立支援医療の対象になりました。
このように、HIV感染者が病気と闘うのを支援するしくみができていますので、福祉係の人や病院の医療相談員に相談しましょう。

☆ずいぶん環境が良くなっているのですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ビタミンD 大人1日分は 冬の札幌で日光浴76分 [栄養]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

ビタミンDは紫外線に当たると体内で作られることは知られていますが、どれぐらい当たれば良いのか、私はよくわかりません
でした。

47ニュース(2013年8月30日)で、

「成人が1日に必要な量のビタミンDを体内で作るには、冬の札幌では76分間の日光浴が必要で、
他の地域では、より短い時間で済んだ。」との研究結果が発表されました。

◆研究者

国立環境研究所(茨城県つくば市)の中島英彰室長らが30日付(2013年8月)の日本ビタミン学会機関誌に発表しました。

◆ビタミンDについて

ビタミンDは骨の形成を促し、がんを予防するということが最近の研究でわかったとされていますが、日本では不足気味との
指摘もあります。

キノコや魚などの食べ物から摂取するほか、紫外線が当たると体内で作られますので、
中島さんは「冬の北日本では、適度に太陽光を浴びた方がよい」と話しています。

☆女性は得に日焼け止め対策に奔走していますが、冬はある程度太陽光を浴びた方が良いと思われます。
骨粗しょう症も増加していますからね。

地方別、季節別にどれぐらい日光に当たるのが良いのかデータが欲しいです。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

 人のiPS細胞から 直径4ミリの「脳」作製  [移植 再生 IPS細胞]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

 人間の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から直径約4ミリの立体的な脳組織を作ることに成功。
◆この脳組織を作成した人

オーストリアや英国の研究チームで、2013年8月28日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表。

◆この脳組織の作成法
チームはiPS細胞を神経系の細胞へ変化させ、ゼリー状の物質の中に入れて培養した。

◆この脳組織の構造

この脳組織には大脳皮質に似た構造や髄膜などが含まれており、複雑な人間の脳の一部を形作った
画期的な成果。

◆発達異常再現

脳の成長が滞る小頭症の患者のiPS細胞からも脳組織を作り、発達異常が起きることを確認した。

◆今後の見通し

チームは「脳が出来上がる仕組みを調べたり、人間の脳に特有な病気の仕組みを解明したりすることに
つながる」としている。

☆すごいですねえ。ついに脳を作るという神の領域に踏み込んだのですね。
 
(ソース:2013/08/29 02:00 【共同通信】)

関連記事>>
・世界初、iPSから立体の肝臓 横浜市大チーム2013年7月4日【共同通信】
・iPS臨床を承認、網膜再生 世界初、年内にも開始2013年6月26日【共同通信】
・東大、iPS細胞から血液のもと マウス使い「造血幹細胞」2013年5月14日【共同通信】
☆リンクは貼っていませんので記事題名で検索してください。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

認知症きらきらネット




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

国内初 高血圧の貼り薬 ビソノテープ 9月発売 [薬物関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード
 
高血圧治療薬としては国内で初めての貼り薬となるビソノテープ(トーアエイヨー社製)が2013年9月に発売されることになり、厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)で薬の価格が決まりました。

のみ込む力が衰え、飲み薬の服用が難しい高血圧患者などが対象で、1日1回、胸や上腕、背中のいずれかに貼ります。

薬は皮膚から吸収され、心臓の興奮を抑えることで血圧を下げる仕組み(β遮断薬)です。

薬剤の用量に応じ、4ミリ・グラム(約4センチ×約4センチ)と8ミリ・グラム(6センチ×6センチ)
の2種類あり、価格はそれぞれ1枚89・3円と123円で、保険がきくため患者の負担はこの3割~1割に
なります。(ソース:2013年8月26日 読売新聞)


ビソノテープ4mg、同8mg(トーアエイヨー):有効成分ビソプロロールを含有する新有効成分含有医薬品。
血中濃度が持続し、安定した血圧コントロールが得られる経皮吸収型のテープ製剤として開発された。

効能・効果は、本態性高血圧症の軽症から中等症で、再審査期間は8年。
既に国内では、ビソプロロールフマル酸塩の経口製剤が承認されている。
類薬に経皮吸収型製剤はないが、経口剤としてメインテート、アーチストなどがある。海外承認はない。

用法・用量は、通常成人にはビソプロロールとして8mgを1日1回、胸部、上腕部または背部のいずれか
に貼付し、貼付後24時間ごとに貼り替える。(厚生労働省)

☆今回はβ遮断薬だけの貼り薬ですが、カルシウム拮抗薬など、他の種類の貼り薬もできると
もっと多くの人に使えていいですね。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2型糖尿病 インスリン投与は早めに [糖尿病]

最近の研究では、主に生活習慣によって成人になってから発病する2型糖尿病について、
膵臓が疲れ果ててしまわない早期のうちにインスリン投与をする方が良い、という結果がでているのですが、
一般的にはまだよく知られていないようです。

「健康日本21推進フォーラム」が行った調査では、
2型糖尿病のインスリン未投与患者の約7割が投与に抵抗感を持つが、インスリン投与患者の約9割が
血糖コントロールの改善を実感していることが明らかになったそうです。

調査方法

3月22~28日に2型糖尿病患者で現在インスリン投与を行っている男女400人とその家族350人、
インスリン投与を勧められたが行っていない男女150人とその家族100人を対象にインターネットで実施。

調査結果

◇インスリン未投与の患者に「インスリン投与への抵抗」について聞いた回答

・「抵抗がある」46.7%
・「やや抵抗がある」27.3%

合わせると74.0%の人が抵抗を感じていることが分かった。


◇インスリン投与を行っている患者に、投与後の血糖コントロール変化について聞いた回答

・「よくなった」40.3%
・「ややよくなった」46.3%

合わせて 86.6%が「よくなった」と回答。

・「インスリン療法開始前と変わらない」10.8%
・「やや悪くなった」 1.8%、
・「悪くなった」1.0%。

☆悪くなった人は遅すぎて膵臓が疲弊してしまったのでしょうか。もっと早期に開始すべきだったかもしれませんね。

インスリンの早期投与について効くと

・「インスリン投与をもっと早く開始すべきだった」と69.1%が実感しており、
その家族の56.0%も早期投与に賛成していることが分かったとのこと。

☆インスリン早期投与の有用性をもっと広めるべきですね。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

サルナシ果汁が前がん病変抑制 ラットの実験で [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

サルナシの果汁に大腸がんの前段階である「前がん病変」の発症や、皮膚がんを抑制する効果があることが、ラットによる実験で確認されました。

実験者

岡山大大学院医歯薬学総合研究科の有元佐賀恵准教授(遺伝毒性学)が昨年、発表しました。

実験方法と結果

発がん性物質を皮下注射した12匹のラットのうち半分に水道水、もう半分にサルナシ果汁を飲ませながら飼育しました。
5週間後に解剖して大腸の前がん病変を調べたところ、水道水グループは平均約150個見つかったのに対し、サルナシグループは平均約40個にとどまったのです。

これまでの経過

サルナシはキウイの原種とされ、果実は直径2〜3センチの緑色。県内唯一の産地という新庄村は
「ビタミンCが豊富で滋養強壮によい」ことは知られていたので、
健康への好影響をアピールする狙いで2010年、有元准教授に成分研究を依頼したのです。

これまでの研究によると、皮膚がんの抑止をはじめ、老化の原因とされる遺伝子の酸化を防ぐ抗酸化作用や、炎症の予防効果もみられています。

これからの展望
有元准教授は「大腸がんは今後も増加が予想されている。有効成分の特定など研究をさらに進めたい」と言います。

特産化に取り組む岡山県新庄村は、こうした成果を背景に「サルナシ酢」など新たな商品化への準備を進めているそうです。

☆地域の活性化にもつながるうれしいニュースですね。サルナシは食べたことがありません。おいしいのでしょうか。

(ソース:山陽新聞 サルナシ果汁が前がん病変抑制 新庄村、酢の新商品準備2013/8/25 9:00)

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

 脳血管を光らせる色素発見 認知症などの新薬開発に期待 [脳の病気]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

脳障害の治療に役立つ新たな蛍光色素が発見されました。
新薬開発実験のスピードが十倍以上加速することが期待できるそうです。

発見者
三重大医学系研究科の田中利男教授(薬理ゲノミクス)のグループが発見し、2013年8月23日に発表。
21日付の米科学誌に掲載されました。

田中利男教授の関係著書⇓⇓ 
 
 


実験方法
グループは、独自に開発した熱帯魚で実験し、五百種類の蛍光色素の中から、脳血管を紫色に光らせる色素を発見しました。
新たな色素は、熱帯魚に注射していた従来の色素と異なり、飼育水に加えるだけで使用できるのが特徴です。

実験結果
「血液脳関門」に異常がある場合は、従来の色素と同様に色素が漏れ出す効果が確認できたといいます。

※「血液脳関門」とは脳内に有害な物質が入らないようにする脳血管内の障壁。
血液脳関門に異常があると、アルツハイマー病や認知症などを引き起こす恐れがある。

今後の見通し
田中教授は記者会見で「血液脳関門が悪くなると致命的だ。新薬開発の強力なエンジンになる」と話したとのこと。

(ソース:伊勢新聞 2013年8月24日)

☆安全に人間に使用できるまでにはずいぶん時間がかかるのでしょうね。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

卵子凍結 40歳以上は推奨せず  [妊娠出産 不妊]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

最近卵子の老化を心配して卵子の凍結保存を希望する女性が増加しているそうですが、日本生殖医学会は2013年8月23日、妊娠の確率が低くなる40歳以上には勧められないとのガイドラインをまとめたそうです。

女性の晩婚化・晩産化が進み、妊娠の可能性がより高い、若い時の卵子を保存したいという女性の希望に応じて、一部の不妊治療施設で卵子凍結が広まり初めていますが、現状では法的な規制がないので

日本生殖医学会は「何らかの道しるべを定め、無秩序に広がるのを防ぎたい」とガイドラインをまとめたとのこと。


卵子凍結とは
女性の体内から卵子を採取し、液体窒素などで凍結保存して、必要に応じ、解凍して体外受精に使う不妊治療の技術。

(ソース:卵子凍結、40歳以上は推奨せず 学会が将来の妊娠希望で歯止め 2013/08/23 21:55【共同通信】)

☆冷凍庫に入れておく食物も酸化したりして多少は劣化します。卵子凍結も劣化はするのではないでしょうか。それにより思わぬ事故もあるでしょう。まだ安全とは言えません。

特別の事情が無い限り、子供が欲しいなら、適齢期に産んだ方が良いと思いますが。
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ミトコンドリアの機能妨害でがん細胞の増殖阻害  [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

細胞性粘菌由来の化合物がミトコンドリアの機能を妨害して、がん細胞の増殖を阻害することが発見されました。

◆発見者

群馬大生体調節研究所の久保原禅(ゆずる)准教授の研究グループが2013年8月22日発表し、
この研究成果は米電子版科学誌プロスワンに掲載されたとのこと。

◆実験方法と結果

従来の研究で、細胞性粘菌由来の化合物が、がん細胞の増殖を阻害することは分かっていたが、その詳細な仕組みは不明だった。

研究グループは、細胞性粘菌由来の化合物に蛍光発色体を結合させて可視化し、がん細胞に添加して動きを調べた。

その結果、化合物ががん細胞内のミトコンドリアに蓄積し、その機能を妨害することを突き止めた。

◆今後の見通し

久保原准教授は「細胞のエネルギー生産工場であるミトコンドリアを狙い撃ちすることで、
がん細胞の増殖を阻害する抗がん剤の開発が期待できる」と話している。

☆たしかにミトコンドリアの機能はどの細胞でも必要です。がんのミトコンドリアだけを狙い撃ちするのは難しいのでは
ないでしょうか。よくわかりませんが。

(ソース:がん増殖阻害する仕組み解明…群大准教授ら 2013年8月23日 読売新聞)

久保原禅(ゆずる)准教授たちの著書


【送料無料】地方都市再生への提言 [ 久保原禅 ]

関連記事⇓⇓リンクは貼っていませんので、記事名で一般検索して下さい。

【医療ニュース】ウイルス撃退の仕組み解明…奈良先端大・阪大(2013年8月15日)
【医療ニュース】DHA由来物質にインフル増殖抑止効果…秋田大(2013年3月8日)
【医療ニュース】カテキン+ED治療薬=がん退治…九大研究T(2013年1月26日)
【医療ニュース】カテキン+ED治療薬でがん退治(2013年1月26日)
【健康ニュース】可愛いもの見ると、人は集中力高まる…研究発表(2012年9月27日)
【医療ニュース】たんぱく複合体 がん増殖関与、山口大教授ら解明(2012年8月31日)

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

大阪市大にも責任 降圧剤データ問題 産経新聞記事集 [薬物関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

降圧剤「ディオバン(一般名・バルサルタン)」の臨床研究データ不正問題について、販売元の製薬会社ノバルティスファーマ(東京)の元社員が大阪市立大学の非常勤講師の肩書で研究に参加していた問題は、勤務実態を把握しないまま放置した大学側に責任の一端があるとする調査報告を同大の調査委員会が22日(2013年8月)、まとめたそうです。

報告書の内容

・ノバルティスファーマ元社員は平成14年4月に無給の非常勤講師として採用。
・平成25年3月までの11年間で1度しか講義を行っていない。
・本来は論文発表の際には大学側の了承を得なければならないが、元社員はまったく届けていない

・有給の非常勤講師の場合は、講義実績などで活動を把握できるが、無給の場合は放置状態で、調査委は「勤務実態がほとんどないにもかかわらず、長期間非常勤講師としていた大学側にも原因がある」と指摘。

・同大によると、約430人の無給の非常勤講師のうち23人の勤務実態が把握できておらず、今後、
勤務実態が確認できる人のみを採用するよう制度を見直すとしている。

・ディオバンに関する論文の著者らに聞き取りを行った結果、元社員はノ社のグループマネージャーと同大非常勤講師の肩書を
併記した名刺を持参して面会していたことが判明。

5大学(東京慈恵医大、京都府立医大、千葉大、名古屋大、滋賀医大)の研究者8人中6人が、元社員がノ社の関係者と感じていたと回答した。
・元社員も調査委の聞き取りに対し、「市立大の所属を使うことは論文の著者にもノ社にも都合がよかった。
ノ社は黙認していたと思う」と話した。

☆大阪市大学側は近く、正式にノバルティスファーマ社などに抗議するそうですが、大学側もずいぶんずさんな管理なんですね。
無給の非常勤講師が430人もいるとは驚きです。それらの人達は大学講師という肩書が欲しいために登録しているのでしょう。

(ソース:降圧剤データ改竄 大学調査委「大阪市大にも責任」 無給講師の活動放置 産経新聞 8月23日)

★ノバルティスファーマ社がどんな製品を販売しているか見る>>楽天サイトへ★ 

◆【産経新聞 関連記事】☆リンクは貼っていませんので、題名で検索してください。

ノバルティス社、5大学に11億3290万円 奨学寄付金で研究援助  2013/08/10 17:33
降圧剤データ問題 患者の民事訴訟、刑事責任は問えるのか 2013/08/10 02:39

降圧剤データ操作 根拠消え憤る患者「なぜこの薬飲むのか」 2013/08/09 09:09
降圧剤データ操作 臨床研究、背景に規制「不備」 治験と大差 2013/08/09 08:21
降圧剤データ操作 5大学とノ社から報告 初の検討委 2013/08/09 20:27

降圧剤「皮膚障害の恐れ」 厚労省が記載指示 2013/08/08 11:20

降圧剤データ操作問題 厚労省検討会は9日初会合 ノ社の降圧剤問題を調査 2013/08/02 22:43

降圧剤データ 中立性確保へ金銭提供明確化 2013/07/31 08:16
データ解析企業に“丸投げ” ずさんな研究実態 降圧剤問題 2013/07/31 08:10
降圧剤データ操作問題 ディオバンのメリット強調 2013/07/31 00:27

慈恵医大の論文でも不正、論文撤回へ ノ社元社員の関与示唆 2013/07/30 19:15
大阪市大院に無報酬講師430人、勤務実態把握せず 降圧剤データ問題 2013/07/30 16:23
降圧剤データ操作問題で厚労相「納得できない」 ノ社調査に不満 2013/07/30 11:58
慈恵医大、調査結果を30日に発表 降圧剤データ操作問題 2013/07/30 00:11

「データ操作、確認できず」ノバルティスが調査結果発表 2013/07/29 23:50

「研究者の知識低すぎる」NPOが非難 降圧剤データ操作 2013/07/20 23:41

「飲み続けていいのか」 不安の患者に臨床現場は怒り 降圧剤データ操作 2013/07/13 01:21
臨床研究、揺らぐ信頼 降圧剤データ操作 大学「分からぬ」連発 2013/07/12 10:49
高血圧治療薬の臨床研究でデータ操作か 京都府立医大発表 2013/07/11 22:37

製薬会社の利益優先 「バルサルタン」研究への疑念払拭できず 2013/06/03 08:29

ノバルティス社の降圧剤研究問題 日医「事実関係を説明すべき」2013/05/29 16:44
ノバルティスに行政指導 厚労省、臨床研究論文に社員参加 2013/05/28 15:50

ノバルティス社の降圧剤研究問題 厚労相「強く指導する」2013/05/24 11:40
京都府立医大病院、ノバルティス社との医薬品取引停止 2013/05/24 11:39

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。