So-net無料ブログ作成
検索選択

女性の深酒も脳卒中のリスク高まることが判明 [脳の病気]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

男性の飲酒と脳卒中の関係は研究されていましたが、女性はアルコールを習慣的に飲む人が少なかったので、その研究がまだされていなかったのだそうです。

このたび女性の飲酒と脳卒中の関係を調査した結果

1日あたりの飲酒量で、ビール大瓶1~2本、または日本酒を1~2合飲むという女性は、お酒を時々しか飲まない女性に比べ、脳卒中になるリスクが1.55倍高くなることが判明したそうです。

さらに、ビール大瓶2本以上など、飲酒量が増えると、脳卒中のリスクは2.3倍にまで高くなることがわかったとのこと。女性の飲酒と脳卒中の関係が確認されたのは初めて。
☆それは初耳です。

研究者
大阪大学(池原賢代特任教授ら)と国立がん研究センターの研究チームが発表。

◆調査方法岩手県や長野県、さらに沖縄県など、全国9つの地域に住む40~69歳の女性およそ4万7,000人を、平均で17年間にわたり
追跡調査し、飲酒と脳卒中の発症などとの関連について調べた。
追跡を開始したのは1990年から。

乳がnのリスクも高める
過度な飲酒が女性の乳がんのリスクも高めるとの結果も出ているそうです。

お酒は百薬の長

ワインにはポリフェノールがあるなど、良い点もありますので、適度な飲酒は健康維持につながるのです。
あくまで飲み過ぎないように。日本酒に換算して1合以内にとどめましょう。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

子宮頸がんワクチン副反応の治療病院を公表 [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種後に重篤な副反応が起きることが問題になっていますが、

この副作用を専門的に治療してくれる全国11病院が公表されました。

公表したのは、厚生労働省の研究班(代表=牛田享宏・愛知医科大教授)です(2013年9月26日)。


研究班の呼びかけ
ワクチン接種から2-4週間程度、痛みやしびれ、脱力などの症状が改善しない場合は、この11病院に患者を紹介するよう医療機関に呼び掛けているそうです。

11専門治療病院

▽札幌医科大▽福島県立医科大▽東大医学部▽東京慈恵会医科大▽順天堂大▽愛知医科大
▽滋賀医科大▽阪大医学部▽岡山大▽高知大医学部▽九大―の各附属病院。

いずれも、厚労省「慢性の痛み対策研究事業」の一環として「痛みセンター連絡協議会」を構成している医療機関で、複数の診療科の専門医らによる高度な疼痛診療システムを整備しているとのこと。

専門病院で診察を受けるには

11病院で診察を受ける際には、担当医の紹介が必要です。
担当医は、診療情報提供書を作成し、各病院の地域連携室に予約することになっているそうです。

☆専門に治療してくれる病院が分かって良かったです。心当たりのある人は担当医に相談すると良いでしょう。

 
 
 

☆子宮頸がんは早期発見で完治するがんです。健診を受けましょう。

(ソース:子宮頸がんワクチン副反応の治療病院を公表-東大など11病院・厚労研究班 医療介護CBニュース 9月27日)


最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


高血圧治療薬 ディオバンの論文不正 「誇大広告」か [薬物関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

高血圧治療薬・ディオバンの論文の不正問題で、薬を製造・販売していたノバルティスファーマ社に、誇大広告の疑いもあるとして、厚生労働省が調査を検討しているそうです。

論文不正問題中間報告

大臣直轄の検討委員会が原因究明や再発防止策を検討している、ノバルティスファーマ社の高血圧治療薬「ディオバン」の論文不正問題は、2013年9月30日に中間報告が行われる予定です。

☆どんな報告になるのでしょうね。

薬事法違反

ノバルティス社が論文の不正を知りながら薬の宣伝に利用した場合、薬事法で禁止されている誇大広告の疑いがあるため、厚生労働省が本格的な調査を検討していることが分かりました。
☆ノバルティス社が不正を知っていたかどうかを調査するのでしょうね。

2013年9月26日に、田村厚生労働大臣がノバルティス本社の社長と面会し、調査の協力などを要請する予定とのこと。
☆知っていたかどうかを、どうやって証明するのでしょう。難しそうです。

(ソース:高血圧治療薬の論文不正 「誇大広告」か厚労省が調査検討 TBS系(JNN) 9月26日(木)12時41分配信)

関連記事

高血圧治療薬 ディオパン(バルサルタン)事件 読売新聞&他社の記事集 追加
高血圧治療薬 ディオバン(バルサルタン)事件の真相は? 追加 

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


難病「HAM」発症メカニズム解明  [難病]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

脊髄(せきずい)に慢性の炎症が起こり、歩行困難などになる難病「HTLV-1関連脊髄症(HAM)」の発症は、患者の髄液で特定のたんぱく質が増えるためだということが解明されました。

解明者

聖マリアンナ医科大の山野嘉久准教授(神経免疫学)らのグループが解明し、英医学誌「ブレイン」に掲載。

成果

発症の原因となるウイルスの感染者は、九州や近畿、首都圏を中心に、全国で推定108万人とされ、新たな治療薬の開発につながる成果として期待される。

HAMの感染と発症
HAMは、母乳や精液を通して白血病ウイルス「HTLV-1」が免疫細胞に感染、発症する。
感染者400人に1人の割合でHAMを発症するとされ、患者は全国で推定約3000人。

研究経過

山野准教授らは、患者の髄液で、「CXCL10」というたんぱく質の濃度が、健康な人の100倍以上になっている点に注目。CXCL10は、免疫細胞を引き寄せて炎症を起こすことが分かっていた。

山野准教授は、患者の脊髄内部の異常でCXCL10が大量に作られ、ウイルスに感染した免疫細胞を脊髄に引き寄せ、炎症を慢性化させていることを突き止めた。

また、患者21人の血液に、CXCL10の反応を邪魔する物質を投与したところ、脊髄へ引き寄せられる免疫細胞の数が減り、炎症の慢性化を抑えることにも成功した。

☆CXCL10の反応を邪魔する物質を治療薬にすれば、HAM炎症の慢性化を抑えることができるってことですね。先が見えてきました。

(ソース:毎日新聞 9月24日(火)15時1分配信)
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

血液1滴で膵臓がん診断に成功 [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

1滴の血液から膵臓(すいぞう)がんの指標となる四つの物質を発見し、それらを使った診断法の開発に成功したそうです。

開発者

神戸大大学院医学研究科(神戸市中央区)などのグループ。

研究成果

従来の方法では診断が難しかった早期の膵臓がんでも見分けられ、治療につなげられる。


実験方法

人の細胞内では物質やエネルギーを作る代謝反応が生じることから、グループは、その代謝反応でできる物質を調べる
「メタボロミクス」という手法を活用。

ガムの甘味料などに使われる糖アルコールの一種「キシリトール」など膵臓がんの指標となる4種類の物質について、
がん患者と健康な人の計85人を比べた結果、いずれも両者の間で量に大きな差があることを発見した。

さらに、別の膵臓がん患者と健康な人で検証すると、従来、がんの指標としてきたタンパク質では早期がんの4~5割程度しか
診断できなかったが、4種類の物質を使った診断法では8割近くが診断できた。

今後の見通し

グループは既に大腸がんでも早期診断法を開発。実用化に向け、島津製作所(京都市)と共同研究を開始。
今後、肺がんや胃がんなど主要ながんの指標となる物質も見つけたいという。

そして、指先の血液1滴を使い、従来の血液検査と同水準の1500円程度で、主要ながんが一気に早期発見できる検査法を
3年以内にも実用化させるのが目標とのこと。

メタボロミクス】 がんなどの病気の検査で指標となる物質は従来、体の設計図である遺伝子、遺伝子が作るタンパク質が
中心だった。

 
 
 

メタボロミクスが対象とする「代謝物」はタンパク質などが働いた後にできるもので、約4千種。
遺伝子の約2万3千種、タンパク質の約100万種に比べて少なく、指標を絞り込みやすい。

代謝物は動物の種による違いが小さいため、動物実験の結果を反映させやすいという利点もある。

☆指先の血液一滴で、主要ながんに一気に早期発見できたら、がんで命を落とす人が劇的に減少することでしょう。
それが、3年で実用化が目標と言いますから、そんなに待たなくてもいいのです。楽しみですねえ。

(ソース:2013/9/24 08:47 【神戸新聞】)

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


胃がん転移の有無判断  見張りリンパ節検査で [がん腫瘍関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

胃がんの手術の際、「センチネルリンパ節生検」という検査を行うことによって、がんのリンパ節転移の有無をほぼ確実に判断できることが確認されたそうです。

研究者
慶応大外科の北川雄光教授らが発表。米医学誌に掲載されました。

北川雄光教授の著書⇓⇓


この研究の成果
転移を正確に見極めることで、切除範囲を減らし、後遺症を軽減することができます

センチネルリンパ節とは

がんが転移する際に、がん細胞がリンパ管を通じて最初に流れ着くリンパ節のこと。
センチネルは「見張り」を意味する。

検査方法

ごく微量の放射線を出す物質をがん病変部に注入。
手術時に、この物質が到達したセンチネルリンパ節を探知機で特定し、病理検査でがんの有無を調べる。
センチネルリンパ節にがんがなければ、転移がないと判断し、切除範囲を最小限にとどめることが可能。

☆がんの転移は、まずリンパ節転移の有無が非常に重要ですから、切除範囲を小さくするのに多いに役に立つことでしょう。

(ソース:2013年9月23日 読売新聞)

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


カネボウ化粧品による 白斑の治療法 日本皮膚科学学会  [化粧品関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

カネボウの美白化粧品被害で、肌がまだらに白くなる「白斑」の現段階での治療方法が、日本皮膚科学学会から公表されました。


◆白斑の原因や治療方法の調査・研究機関

日本皮膚科学会が組織した特別委員会(委員長・松永佳世子藤田保健衛生大教授)が中心となって進められており、
その関連情報は同学会のウェブサイト(http://www.dermatol.or.jp/)に掲載され、発症者らを対象とした資料
「患者さんの質問にお答えします」が更新されている。

◆白斑の発症場所(カネボウ発表)

白斑を発症した人は2013年9月1日現在で9959人、その内8580人に聞き取り調査をしたところ、
発症部位の最多は首で約4割にあたる3515人、顔全体は1365人と比較的少なかった。

発症時期は春から夏に多い。
夏坂真澄カネボウ社長は9月11日の記者会見で、私見として「日光との関係を疑っている。
顔は日焼け止めを塗るので少ないのではないか」と説明した。

☆春から夏に発症が多いのと、顔の発症が少ないのは、確かに日光が関係しているように思えますね。
顔には日焼け止めをぬりますが、首にまで塗る人は少ないと思いますから。


◆特別委員会の中間報告

ロドデノール入り化粧品使用者のうち、白斑の発症者は約2%。
化粧水と乳液など複数のロドデノール入り製品を重ね塗りしているケースが多い。
白斑発症のメカニズムは分かっていないが、「原因はロドデノールと考えていい」と松永委員長は発表。

◇時間の経過とともに改善傾向

ロドデノール入り化粧品の使用をやめると白斑症状が改善することが分かってきている。
発症者400人に使用中止から回復し始めるまでの期間を聞いたところ、235人が「3カ月まで」に、
121人が「4~6カ月まで」に回復し始めたことが分かった。

ロドデノール入り化粧品の使用をやめると、白斑のまわりが黒くなり、かえって目立つケースも同学会に報告されている。
白斑の部分に色素が戻ってきている途中の状態とされ、同特別委メンバーの錦織千佳子神戸大医学部教授は
「時間がたてば周囲と同じ色に落ち着くと考えていい」としている。

また、同特別委は「1~2年かけて症状を見ていくことが必要だ」としている。

☆時間と共に改善されるのは良かったですね。希望がありますから。


◆有効だと思われる軟こうは

タクロリムス軟こう:アトピー性皮膚炎の治療薬としてよく使われる軟こう。この軟膏を白斑につけると早く改善
するケースが報告されている。市販薬ではないので医師の処方が必要。

ステロイド外用薬:かゆみや赤みには効くが、白斑の改善は不明。レーザー治療も効果は不明。

◆他者の製品でも白斑症状が報告されているが、因果関係は調査中。
同特別委は「白斑が出た場合は自分で判断しないで皮膚科専門医に相談してほしい」と呼びかけているとのこと。

☆白斑の発症率が2%とは意外に少ないですが、その2%に入った人には大問題ですから、早く良い治療方法が
見つかることをお祈りします。

(ソース:毎日新聞 9月21日(土)配信 <カネボウ「白斑」問題>治療法研究 時間と共に改善の可能性)

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 




使い捨てコンタクト 異物混入でシード回収 [目の病気]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

使い捨てコンタクトレンズ約2400箱を、シード(コンタクトレンズ大手)が自主回収すると発表したそうです。
(2013年9月20日)

回収の理由
製造過程で微細な異物が混入している恐れがあるため。

異物混入の健康への影響
健康被害が発生する可能性は極めて低いとのこと。

回収対象
8月30日(2013年)以降に店頭で販売した「シード1dayPure うるおいプラス」の一部製品。
1日ごとの使い捨てタイプで1箱は32枚入り。

約400人の利用者の手元にあるとみている。

対象製品のロット番号はシードのホームページで確認できる。

シードのホームページはこちら>>http://www.seed.co.jp/

スクロールすると下方に、新着情報やIR情報の記事があり、自主回収のお知らせがあります。

問い合わせ先

シードのお客様相談室、フリーダイヤル(0120)317103。

(ソース: 2013/09/20 【共同通信】シード、使い捨てコンタクト回収 異物混入、2400箱)

☆健康被害の可能性がないのに、比較的早急に自主回収に踏み切ったのは良心的だと思われます。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

柔軟剤のにおいで 体調不良急増  [薬物関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

洗濯物を柔らかく仕上げる柔軟剤のにおいで、頭痛やせきなどの体調不良が急増しているそうです。

国民生活センターの調査
2008年度以降、柔軟剤のにおいで、頭痛やせきなどの体調不良を訴える相談が全国の消費生活センターに急増していることが、国民生活センターの2013年9月20日までの調査で分かったとのこと。

調査結果

2008年度から2013年8月までに寄せられた相談187件のうち、115件が柔軟剤のにおいによる体調不良に関する内容だった。

柔軟剤のにおいによる体調不良に関する相談は、2008年度は3件だったが、2012年度(去年)は41件に増加、2013年度も4~8月の5カ月間で既に27件に上るといいます。
☆たしかに急増していますね。

においによる体調不良の原因
国民生活センターは、2000年代後半から においの強い海外製柔軟剤の人気が上がったのが原因とみている。

☆あまりにおいの強い柔軟剤は使用しない方が良さそうです。柔軟剤がなくても柔らかく仕上がる洗剤もあります。



(ソース:柔軟剤においで体調不良 頭痛、せきの訴え急増2013/09/20 【共同通信】)


もっと知りたい ニュースの「言葉」(Kyodo Zoomより)

国民生活センター(2007年12月5日)
1970年、消費者保護を目的に特殊法人として発足し、2003年に独立行政法人に。職員約110人、2007年度予算約35億円。
主な業務は、全国の消費生活センターと連携した被害情報の収集や苦情相談、商品テストなど。
紛争解決のあっせん、消費生活相談員の教育研修も行う。 
政府が年末までにまとめる独立行政法人の整理合理化計画の対象になっていて

主管官庁の内閣府は
(1)商品テストの一部を外部委託する
(2)消費者からの「直接相談」を段階的に廃止し、全国の消費生活センターを介した「経由相談」に一本化する―などの
案がでている。

消費生活センター(2008年6月17日)
地方自治体の判断で条例に基づき設置されている。
商品、サービスなど消費生活に関する苦情を専門の相談員が受け付け、処理に当たる。
設置数は昨年4月現在で538にとどまり、未設置の市町村も多い。

消費者庁の制度設計を担う消費者行政推進会議の報告書は、センターを法的に位置付けるよう求めている。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

皮膚のバリアーを強くして アトピー改善 [アレルギー 免疫関連]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

皮膚をバリアーするタンパク質の働きを強くする物質が発見され、それによってマウスのアトピー性皮膚炎を改善することに成功したそうです。

実験者
京都大学の研究チームで、2013年9月16日付けの米科学誌電子版に発表した。

この研究の利点

アトピー性皮膚炎の治療には炎症を抑える外用薬などがあるが、皮膚が薄くなったり病原体に感染しやすくなったりする副作用が出ることがある。

今回の化合物は症状を引き起こす物質(アレルゲン)を皮膚に取り込まないように作用するので、炎症を抑える外用薬を使用する必要がなくなり、副作用がなくなる。

今後の見通し
この物質は、新たな治療薬となる可能性があり、10年後をめどに実用化を目指すとのこと。

☆アトピーの人に朗報です。10年後は遅いですが。

(ソース:皮膚を保護しアトピー改善 新薬開発に光、京大 2013/09/17 【共同通信】)

関連記事>>

・アトピー発症の鍵解明 皮膚タンパク、過剰に2013年8月6日【共同通信】
・かゆみ誘発、脳内の働きを調査 かき過ぎ防止へ応用も2013年8月2日【共同通信】
・ヒスタミン、発汗抑え皮膚を乾燥 アトピー悪化に、大阪大2013年7月31日【共同通信】

※リンクの無い記事は、記事の題名で検索してください。どこかのサイトでヒットします。
(新聞社の記事はそのうち削除されますので)。

もっと知りたい ニュースの「言葉」(
Kyodo Zoom アトピー性皮膚炎(2004年6月16日)

強いかゆみを伴う湿疹(しっしん)が全身にできる。ダニやハウスダストなどさまざまな要因が関連して発症するとされる。ステロイド系外用剤を用いた治療が一般的だが、効果のない高額な健康器具を売るアトピー商法や、非専門医によるステロイド離脱治療などが問題化している。日本皮膚科学会は治療指針で、症状に応じた適切な薬物療法を呼び掛けている。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。