So-net無料ブログ作成

iPSを超える新万能細胞(STAP)の作成に小保方晴子が成功した理由! [移植 再生 IPS細胞]

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を超えるかもしれない画期的な新しい万能細胞(STAP細胞)の作成が世界で初めてマウスで成功したそうです。
しかもそれを発見したのは小保方晴子(おぼかた・はるこ)という大学院を修了してまだ3年の若手研究者(30歳)だったのです。
e2d97e2c.jpg小保方晴子.jpg
仕事着は白衣ではなく、大学院時代に祖母からもらったかっぽう着。「これを着ると家族に応援してもらっているように感じる」という小保方晴子リーダー。

◆研究チーム

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)など日米の共同研究チーム。
2014年1月30日付の英科学誌、ネイチャーに掲載。

STAP細胞開発の中心となったのは、小保方晴子研究ユニットリーダー


新たな万能細胞 STAP細胞とは

「刺激惹起(しげきじゃっき)性多能性獲得細胞」のこと。

STAP細胞は、体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで初期化され、体のあらゆるものに
なる細胞が作れるというもの。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作成するよりも簡単で、早くでき、遺伝子を入れる必要もない
ので、がん化の心配もないという優れものである。

今回の研究のアイデア

大学院博士課程時代に留学した米ハーバード大医学部の教授らとの議論を通して生まれた。

「植物のほか、動物の中でもイモリは傷をつけるなど外からの刺激を与えれば、
万能細胞化して再生する。ヒトを含めた哺乳類でも同様のことが考えられないか」

とひらめいた小保方晴子は

体細胞を圧迫したり、穴を開けたり、栄養を与えなくしたり…。
考えられる限りの刺激を細胞に与え、「偶然に」酸性の溶液にたどり着いたという。


かつての無理解に泣いた日々

「かつては研究結果を誰にも信じてもらえず、泣き明かした夜も数知れない」

「動物の細胞は外からの刺激だけで万能細胞にならない」という通説から、
「研究が『これまでの生物学をばかにしている』と突き返されたこともある。

『あした1日だけ頑張ろう』と思いながら、5年かけてここまで来た」と小保方リーダー。


成功できた理由

小保方リーダーは早稲田大では化学を専攻したが、大学院からは「細胞の研究で人の役に立てるなら」と再生医療の研究に転身。

現在の上司に当たる笹井芳樹副センター長(51)は「化学系出身らしく、先入観なくデータを重視する視点が、生物学の通説にとらわれない姿勢につながった」とみる。
(ソース:2014年1月30日 読売新聞)

★実は、この笹井芳樹副センター長やセンターで研究中の若山照彦・現山梨大教授(46)が救いの手を差し伸べたのです。

多くの批判を浴びながら、どうして自分の信念を変えることなく成功することができたのか
不思議に思いましたが、この記事を読んでガッテンしました。

現在の上司笹井芳樹副センター長のご指摘のように先入観なくデータを重視する視点と
いもりのしっぽが再生するのだから哺乳類でも可能なのではないかと思う素朴な疑問とそれを解決
しようとする探究心,そして彼女を助けたくなる彼女の人柄にあるのではないかと思います。

彼女の口癖は「成功は実験に比例する」です。実験データが真実を語るのですね。

生物学の教科書を塗り替える大発見といいます。日本初のノーベル賞受賞者になるといいですね。、

関連記事>>新万能細胞STAP成功!早く簡単がん化せず!発見者小保方晴子とは?
最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鳥インフルエンザ中国で感染者約200人?死亡率約3割?発生状況は? [感染症]

鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の新たな感染者が計6人確認され、
うち広東省の男性(68)が死亡したとの発表がありました。

中国の広東、江蘇、湖南、福建4省の衛生当局が2014年1月27日に発表したものです。

そのうえ、新華社電によると、浙江省当局は同日、今年省内で同型ウイルスに感染した49人のうち12人が死亡したことを明らかにしたそうです。

今年に入ってから同日までに確認された感染者は、香港の1人を含め計103人に上り、うち浙江省の事例を含めると中国全体で20人以上が死亡した。約150人が感染した昨年を上回るペースで急拡大しているとのこと。

(ソース:鳥インフル感染者100人超に 中国浙江で12人死亡2014/01/27 22:57【共同通信】)

上記の記事は今年2014年に入ってからのことで、昨年の初確認からの中国全体のことが良く分からないので他を調べてみました。

2014年1月17日の産経ニュースによると
中国とその周辺で鳥インフルエンザ(H7N9型)の再流行が懸念されている。
浙江省で17日、新たに3人の感染が確認され、昨年3月の上海市での初確認から、感染者数は香港の3人と台湾の2人を含めて計193人と、200人に迫った。
うち54人が死亡している。

とあるので、この時点で、中国全体では、193人が感染し、うち54人が死亡しているということでしょう。そして死亡率は27%ということです。

これはゆゆしき事実です。これほど死亡率が高いのは危険です。

まだ人から人への感染はないようですが、H7N9型はまだ大流行したことがなく、免疫を持つ人がほとんどいないため新型インフルエンザになれば、大流行、パンデミックの恐れがあるといいます。なんとか国をあげての対策が必要です。
最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

血液1滴でアルツハイマーの検査 30分以内で簡単にできる新装置  [脳の病気]

1滴の血液でアルツハイマー病などの検査をj自宅で簡単にできる新装置が開発されたそうです。

◆開発者

国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)などが開発、2014年1月21に発表。

新装置の性能

現在は医療機関で採血した後、結果が出るまで9~20時間ほどかかるが、この技術が実用化されれば、
自宅で血液を採取して、10~30分で検査結果を知ることが可能になる。

新装置の成果

手軽に検査できるようになるので、アルツハイマー病のような進行が遅い病気を早期発見できる。
医療費抑制にもつながる。

◆今後の見通し

ほかの病気にも応用可能で、家庭向けの医療機器として2015年度末までの実用化を目指す。

(ソース:アルツハイマー検査簡単に 血液1滴、30分以内で 2014/1/21 18:07 【共同通信】)

☆来年には実用化するということでこれは楽しみです。
つい先日NHK スペシャル アルツハイマー病を食い止めろでも、早期発見が大事と言われていましたので、多いに役にたちそうです。
自宅てできるのがいいですね。お値段が気になりますが。

最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

生理痛の治療薬に注意!血栓症で3人死亡 [薬物関連]

生理痛を持つ女性は注意してください。生理痛の治療薬「ヤーズ配合錠」を使った女性3人が、血の塊ができる血栓症で死亡したそうです。

厚生労働省の通知(2014年1月17日)

厚生労働省は「薬との因果関係は否定できない」として、

医療機関に対して、足の急な痛みや突然の息切れ、手足のまひが起きた場合は使用を中止し、救急医療機関を受診するように使用者に伝えるよう通知した。

製造販売元のバイエル薬品(大阪市)には、添付文書に死亡のリスクを伝える警告を加えるよう指示した。

死亡者情報

3人は10歳代~40歳代で、生理痛などで使い始めたが、肺動脈や足の静脈などの血栓症で2013年2~12月に死亡した。
☆10か月で3人ですよ。

このうち、20歳代の女性は使用2日後に頭痛が起き、13日後に脳の血栓症で死亡した。
☆ずいぶん時間がかかったのですね。

(ソース:生理痛の治療薬使った3人、血栓症で死亡 2014年1月18日 読売新聞)

★生理痛がひどい人は仕方ないとして、安易に薬を飲むのはよした方がいいですね。
またこの治療薬を飲んでいる人は、頭痛、足の急な痛みや突然の息切れ、手足のまひなどが起きた場合は、様子をみるのではなく、すぐに救急医療機関を受診すべきです。
たしか3時間以内なら、血栓を溶かす薬が使えますから。それ以後だと手遅れになる可能性大です。
最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

浜松市ノロ感染で児童の集団欠席1000人超えの原因は1つのパン? [感染症]

静岡・浜松市で、ノロウイルスによるとみられる児童らの集団欠席者が1,000人を超える異常事態が発生しましたが、原因は学校給食のパンが原因と判明したそうです。

校外から仕入れたパンと牛乳
それぞれの小学校は給食を校内で調理していたので1000人超えの感染者が発生した原因は、校外から仕入れていたパンか牛乳と見られ調査が行われました。

牛乳は加熱殺菌された上で、1人分ずつパック詰めされていたことから原因食品から除外。

保健所は、いずれも2014年1月13日に製造し14日に提供した食パンや、粉末状のミカン果汁を練り込んだパンが食中毒の原因とみて調査。

その過程で、製造されたパンは複数個をまとめて箱に詰めた上で袋に入れて配達していたことも分かった。

ウイルスが付着した一つのパンから、他のパンに一気に汚染が広がった可能性もあるとのこと

パン工場のドアノブからノロウィルス検出

製造していた浜松市東区の菓子製造業「宝福」工場のトイレドアノブからウイルスを検出し、従業員1人が体調不良で出勤停止になっていたことも分かり、
今後は従業員の健康管理や衛生状態が調査の焦点となるとのこと。

(ソース:ノロ、給食パン工場のドアノブから検出 衛生管理調査 産経ニュース 2014.1.17 23:46 )

☆どうやらパン工場のウィルスが原因のようですが、1つのパンから他のパンにウィルスが一気にに広がったというのがどうも解せません。
複数個のパンを触ったのではないでしょうか。
最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

寝ぼけて暴れる高齢者 レム睡眠行動障害のポイント [心や神経の病]

「寝ぼけてけがをした」「寝ぼけて暴れるので困る」――など、睡眠中の異常行動を患者や家族に相談された場合、レム睡眠行動障害が疑われるそうです。

取材協力者

睡眠総合ケアクリニック代々木の井上雄一氏は、「レム睡眠行動障害の患者はたくさんいる」
「高齢期に発症する寝ぼけの多くは、レム睡眠行動障害(RBD)の可能性が高い」と語る。

井上雄一氏の著書⇓⇓

レム睡眠行動障害(RBD)とは

睡眠障害の一種で、1986年に初めて提唱された比較的新しい疾患。
主な症状は、夢の中の行動を実際に行うもの。

近年、パーキンソン病やレビー小体型認知症、ナルコレプシーなどの前駆症状とも考えられるようになっている。
睡眠障害の一種だが、患者が不眠や寝不足を訴えることはまずない。

男女比は8:2と男性に多く、患者の約7割は嗅覚異常を伴うことも知られている。
高齢期に発症したRBDは、自然治癒することはなく、進行性に増悪する。

レム睡眠行動障害の発症の種類

加齢に伴い発症する特発性のものと、抗うつ薬などの薬剤やアルコール、神経疾患に併発する二次性のものがある。


RBDを疑うポイント

夢と関連した行動を取っているかどうか(下記の4点)。

1.睡眠中に大声を上げたり、動き回ったりする。 2.加齢に伴い、その「寝ぼけ」が悪化している。 3.異常行動時に見ていた夢の内容をよく覚えている。 4.嗅覚異常を伴う。

RBD患者は、異常行動中に覚醒しやすく、夢の内容を鮮明に覚えている。
そのため、寝ぼけて暴れる場合には、起こしてどのような夢を見ていたかを確認するとよい。

☆レム睡眠行動障害。聞いたことありませんでした。回りに睡眠中にあばれる人もいませんし。でも、これからの高齢化時代に伴い増加しているようですから、覚えておいて気をつけた方がいいですね。

(ソース:寝ぼけて暴れる高齢者、その原因とは?日経メディカル 2014/1/16 )
★井上雄一氏の著書についてもっと見る>>楽天サイトへ★
最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

乳児期に湿疹を早く治すと 花粉症予防に?  [アレルギー 免疫関連]

乳児期に皮膚の湿疹が2カ月以上続いた子どもが花粉症になる割合は、ほかの子どもに比べて約1.5倍になることが、ロート製薬のアンケートで分かり、 乳児期の湿疹をできるだけ早く治しておくことが大事とのこと。

◆ロート製薬のアンケート

2013年11~12月にインターネットで実施された。

0~16歳の子どもを持つ保護者を対象に、2082人(子どもの数は計3475人)が回答。

父母が「花粉症と思う」と答えた子は28・8%で、4割超が5歳までに、8割近くが10歳までに発症した。


・1歳までに湿疹が2カ月以上続いたことがある子は444人。このうち花粉症になったのは193人で、発症率43.5%
・1-2か月続いたことがある子は 29.5%
・湿疹がほとんどなかった子は26.3%だった。

アレルギー・マーチは皮膚から始まる

「ここ数年、(食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症と、症状が次々に変化して現れる)『アレルギー・マーチ』は
皮膚から始まるということが証明されつつある。

乳児期の湿疹をできるだけ早く治しておくことが『アレルギー・マーチ』の発展阻止につながる」と小児アレルギーが専門の末広豊医師(大阪府済生会中津病院)。

末広豊医師の著書⇓⇓
 

(ソース:乳児期に湿疹続くと花粉症に? 発症1・5倍、ロート調査2014/01/08 【共同通信】)
(ソース:花粉症10歳まで発症が8割-乳児期の湿疹に関連も、ロート製薬 医療介護CBニュース 1月14日)

★アレルギー・マーチは皮膚から始まることは証明されつつあるとしても、皮膚の湿疹を早く治しておくとアレルギー・マーチを阻止できることは証明されているのでしょうか。ちょっと気になりました。

病院のアトピー患者用に考えられたひっかき防止二重ミトン⇓⇓



最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

デング熱 日本で感染の疑い ドイツ女性発症の不思議 [感染症]

日本を旅行しドイツへ帰国したドイツ人女性(51)が、デング熱に感染していたと厚生労働省が2014年1月10日発表しました。日本国内で感染した疑いがあるとのこと。

海外で感染し帰国した日本人から蚊を媒介して感染した可能性が否定できないとしているのですが、日本では蚊は越冬せずウイルスが定着しないそうです。

厚労省は流行地域への渡航者に蚊に注意するよう呼び掛けているというのですが。

★冬の日本では蚊はいないのに感染のしようがないでしょうと不思議に思って、調べてみたところ、わかりました。

スポンサードリンク







NHK NEWSWEB で、そのドイツ女性は去年(2013年)8月、長野県や山梨県など日本各地を2週間ほど旅行してドイツに帰国したところ、高熱を出して入院し、
デング熱と診断されたというのです。

なんだ8月なら蚊がたくさんいますよね。最初のニュースの情報が足りなかったし、日本では蚊は越冬しないなんて書いてあったから、ドイツ女性は冬に日本に来たのだと思ってしまいました。

でも、どうして今ごろ発表したのでしょう。それはわかりませんでした。

60年以上ぶりの感染?

海外から日本帰国後にデング熱を発症する患者は年間250人程度いますが、日本国内での感染は過去60年以上、ないそうです。

国立感染症研究所の高崎智彦室長は、「今回のドイツ人女性は、成田空港やドイツの空港で感染した可能性もあるが、日本国内での感染も否定できない。
今後、蚊が発生する季節は渡航歴だけで海外でデング熱に感染したと判断するのは避けた方が良いと思う」と話しています。


スポンサードリンク






デング熱とは

蚊の一種ヒトスジシマカによって媒介されるウイルス性の感染症で、熱帯地域で多くみられる。

感染の3~7日後に突然発熱して頭痛や筋肉痛を伴い、発疹(はっしん)も出るが、大半は軽症。
まれに重いショック症状を示す。

日本でも1990年代、東南アジアなどへの海外旅行者の間で発症が増加した。
ワクチンはなく、新鮮な血しょうの投与など対症療法が中心。

「デング出血熱」というより深刻な症状になることもあります。
「デング出血熱」は鼻血や消化管などからの出血が特徴でショック症状を起こして最悪の場合、死亡します。

(ソース:デング熱国内感染の疑い ドイツ人女性が発症、厚労省発表 2014/1/10 【共同通信】&NHK デング熱 日本で感染の可能性)

最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ

スポンサードリンク







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

北海道で心臓移植「和田移植」以来46年ぶり [移植 再生 IPS細胞]

北海道大学病院で、道内では46年ぶりに心臓移植手術が行われ成功(2014年1月6日)。患者の容体は安定しているそうです

☆和田移植から46年間、北海道では心臓移植が行われなかったとは驚きです。それ程和田移植の影響が大きかったのですね。

心臓提供者と移植された人

・臓器提供者の男性は、関東地方で頭部外傷で入院中に臓器移植法に基づく脳死と判定された。

・移植を受けた患者は道内在住。2006年に心臓の筋肉が伸びて血液の循環が悪化する拡張型心筋症と診断され、2011年から人工心臓をつけていた。

和田移植について

道内の心臓移植は、札幌医科大の和田寿郎(じゅろう)教授(当時)が1968年に国内で初めて行い、脳死判定が適切だったかどうか議論が噴出した。

約46年前の「和田移植」は、海水浴場で溺れた大学生(当時21歳)を脳死と判定し、心臓を男性患者(同18歳)に移植した。世界初の心臓移植から約8か月後で、世界30例目となったが、患者は手術の82日後に死亡した。

脳死判定の妥当性をめぐって、和田氏は殺人容疑などで札幌地検に告発されたが、嫌疑不十分で不起訴となった。和田氏は2011年2月に亡くなった。

☆和田移植のことは今でもはっきり覚えていますが、当時は非難がすさまじかったです。偉業ではあったのでしょうが、時期が早すぎたのでしょうね。
また患者さんが亡くなったこともあり、非難されたのだと思われます。そのおかげで臓器移植法ができたのでした。
無念の思いで亡くなられたと思われる和田氏のご冥福をお祈りします。

北大院長の言葉

臓器移植法に基づく心臓移植は日本国内では今回で186例目。
「和田移植」後、手術が途絶えていた道内での移植再開について、受けとめ方を問われた北大病院の宝金(ほうきん)清博院長は
「特別という思いはないが、今回の手術は大変大きな一歩となる。待ち続ける患者にとっても朗報だ」と語った。
北大病院には心臓の移植を待っている患者が約10人いるという。

宝金(ほうきん)清博院長の著書⇓⇓


★宝金(ほうきん)清博院長の著書をもっと見る>>楽天サイトへ★
(ソース:「和田移植」以来…北海道で46年ぶり心臓移植 読売新聞 1月6日(月)15時41分配信)
最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

データ改ざんまたですか 認知症研究で元東大教授指摘 [脳の病気]

アルツハイマー型認知症の早期発見に関する国の大規模研究で、データの一部に不適切な処理が行われたとの指摘があり、厚生労働省は関係者からの聞き取り調査を開始したそうです。

☆もううんざりです。何を信用すればいいのかと思います。どうにかならないのでしょうか。

アルツハイマー型認知症の早期発見研究とは
東大など全国38の医療機関が参加する国の大規模研究で、国や製薬会社などが計約30億円を出し、2007年度から東大の岩坪威教授(神経病理学)を代表研究者に行われているもの。

今年3月末に報告書が提出される予定。

不適切と指摘されている問題
研究に協力した545人の高齢者に対する心理試験データで、30分後に記憶を再生・確認する検査で、1時間後に行ったとの記載を、後に、40分後に検査したことに書き換えるケースがあった。

研究班の杉下守弘・元東大教授は「これはデータの改ざんだ。他にも条件に合わない患者の登録が多数行われており、研究の信頼性を損なう」と訴えている。

杉下守弘・元東大教授の著書⇓⇓


★杉下守弘・元東大教授の著書をもっと見る>>楽天サイトへ★

☆少し前に、肥満薬の研究で、条件に合わない患者の身長や体重のデータを書き換えた事件がありましたが、同じようですね。
30億円をかけて研究しても何にもならないのじゃないでしょうか。思い通りのデータに書き換える研究なんて無意味です。無関係な人が監視するか、ライバル企業同志で監視させるか、なんとか方法はないでしょうか。

◆「改ざんはない」とする調査結果
杉下守弘・元東大教授の指摘に反論して、代表研究者の岩坪威・東大教授は、「データの確認・修正を行っている段階で、改ざんとの指摘は事実誤認だ」として「改ざんはない」とする調査結果を厚労省に提出したとのこと。

岩坪威・東大教授の著書⇓⇓


★岩坪威・東大教授の著書をもっと見る>>楽天サイトへ★

☆なんだか、杉下守弘・元東大教授と岩坪威・東大教授の争いの様相を呈していますが、ちゃんと調査して欲しいですね。
最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康