So-net無料ブログ作成
熱中症 ブログトップ

熱中症で1週間に死亡者3人  マラソン川内も熱中症 [熱中症]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

2013年6月10~16日の1週間に、熱中症で救急搬送された人数の速報値は1488人で、うち3人が死亡。
3週間以上の入院が必要な重症が32人、入院が必要な中等症が446人でした。

搬送者数は前週の3.1倍に増え、今年5月27日からの集計で死者が確認されたのは初めてとのこと。
(総務省消防庁発表 6月18日)

公務員ランナーで有名なあのマラソンの川内優輝(埼玉県庁)が、6月16日の隠岐の島ウルトラマラソン50キロの部でトップでゴールした後に熱中症で倒れたそうです
軽い脱水症状だとのこと。

点滴で水分を補い、一夜明けて元気を取り戻した川内は17日、島根県隠岐の島町で取材に応じ
「意識が飛ぶ寸前だった」と振り返り、脱水対策の甘さを反省したそうです。

6月1~16日の搬送者数は2044人で、昨年6月の1カ月の数値(1837人)をすでに上回ったといいます。
西日本を中心に、猛暑日など気温の高い日が続いたためとみられますが、梅雨時は湿度が高く熱中症になる危険があるので消防庁は小まめな水分補給を呼び掛けています。

☆梅雨時は、湿度が高いので汗が蒸発しにくく体温が下がらないのと、身体がまだ高温に慣れていないため熱中症になりやすいのです。気を付けましょう。
関連記事>>梅雨でも熱中症に注意
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

梅雨でも熱中症に注意 [熱中症]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

今月(2013年6月)に入って、熱中症で搬送される人が全国で増えています
梅雨時はそれほど気温は高くないので、まだまだ熱中症にはかからないだろうと思っていませんか。

ところが、梅雨時こそ熱中症に気をつけるべきだというのです。
NHK オンライン福岡放送局で 梅雨でも熱中症に注意を というわかりやすい記事が載っていましたので、まとめておきます。


福岡県内でも、熱中症で病院に運ばれた人は今月11日までの1週間で18人に上り、前の週より15人増えています。
福岡では例年、梅雨の時期の5月、6月から増え始めます。

なぜ梅雨のこの時期に熱中症になるのか

・湿度が高くなると、汗が乾きにく次の汗が出にくくなる。
・そのため、体温が下げることができず、熱中症になってしまう。
・また体が熱さに慣れていない時期に湿度が高いとうまく体温調節できなくて熱中症になる。

梅雨の熱中症の怖さ
梅雨の熱中症の怖さは自分で気づきにくい点である。

具体的な熱中症の症状
自分自身の場合

・一番最初に出てくるのはだるさ。
ちょっとだるいとか足がつってしまうといった症状があれば自分で熱中症を疑ったほうが良い。

・もうちょっとひどくなると
吐き気とか頭痛とかが現れるがそれまでいくと病院で治療が必要。

自分以外の人の症状
・隣の人が大量の汗をかいてるなと思ったとき。
・様子がおかしいなと思ったとき。
・子供の元気がなくなったり、動きが遅くなったとき。
・普段とは違った行動をするとき。

熱中症対策

・水分補給が大事。
・風通しがよい服を着る。
・部屋の窓を開けて風通しをよくする。
・水分や塩分をこまめにとり、早め早めの対策が必要。

熱中症にかかったら

体温を下げることが一番重要。熱中症は命にもかかわる
・首の付け根、脇の下、太ももの付け根など大きな血管が通っているところに、濡れたタオルなどあてて、血管を冷やす。
・そうすると全身に血が回って体温を冷やすことができる。

取材協力者済生会福岡総合病院救命救急センター長則尾弘文医師
福岡市消防局救急課の角石登志和係長
(ソース:NHK オンライン 福岡放送局 06月15日 12時32分)

☆意識が無い場合は体温を下げながら救急車を呼ぶことが必要ですね。
関連記事>>熱中症 梅雨時こそ注意  
熱中症で1週間に死亡者3人  マラソン川内も熱中症
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
熱中症 ブログトップ