So-net無料ブログ作成
検索選択

肥満薬の治験データ改ざん 小林製薬が賠償請求へ [肥満]

☆またしてもデータ改ざんのニュースです。恐ろしいですね。

肥満症改善薬の開発について、臨床試験(治験)参加者の身長データが改ざんされていたことが2013年12月20日、分かったそうです。


データを改ざんした会社
治験の支援業務を請け負った「サイトサポート・インスティテュート」(東京)が改ざんの調査結果を公表し、謝罪した。

治験は製薬大手小林製薬の依頼を受け、大阪の千本病院で実施。

改ざんの内容
サイト社によると、同社の治験コーディネーター(CRC)らが参加者72人中5人の身長を実際よりも低く記録し、肥満体であるように装っていた。

改ざんした理由
条件に合う肥満度の被験者が期間内に集まらず、CRCの一人が上司に改ざんの必要を示唆。
上司から適切な指示はなく、容認と受け止めたという。

小林製薬の対応
小林製薬は製造販売承認を国に申請したが、改ざんの疑いがあるとして2013年3月に取り下げ、
12月20日、サイトサポート・インスティテュート社に損害賠償を請求することを決めたそうです。

☆改ざんがわかって良かったですが、どうやって分かったのでしょう。知りたいところです。

小林製薬としてみれば、著しく名誉を傷つけられたのですから、損害賠償は当然ですが、急ぐあまり無理をさせたのも一因でしょう。
だからと言って決してやってはいけないことですが。

やせ薬が安全に本当に効くなら爆発的に売れるでしょうから、こんなことになるのでしょう。

(ソース:時事通信 他 12月20日)
最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

肥満抑える重要遺伝子発見 [肥満]

肥満を抑える重要な遺伝子が発見されたそうです。

◆発見者
米マウントサイナイ医科大などの研究チームが2013年11月22日、米人類遺伝学会誌電子版に発表した。

遺伝子「CEP19」の働き
この遺伝子「CEP19」は、3番染色体にあり、心臓や肝臓、骨格筋、脂肪組織など全身のさまざまな細胞で働いていて、食欲や体重、エネルギー消費などを制御していることが、マウスの遺伝子操作実験で確認されたとのこと。

この遺伝子が働かないと病的な肥満や糖尿病になるのだそうです。 CEP19が生み出すたんぱく質は、細胞の「一次繊毛」と呼ばれる微細な突起物にあり、
一次繊毛は、細胞外のさまざまな情報を内部に伝えるセンサーの役割があると考えられています。

この遺伝子「CEP19」は、イスラエルに住む肥満になりやすい家系の協力を得て見つかったとのことです。

今後の見通し
この遺伝子のメカニズムを解明すれば、治療や予防に応用できると期待されます。
 
☆最近、肥満に関する色々なことが発見されていますから、そろそろ肥満の問題も解決されることでしょう。

(ソース:肥満抑える重要遺伝子=仕組み解明で治療応用も―米医科大 時事通信 11月22日)

最近気になる医療ニューストップへ
新 最近気になる医療ニュースへ 
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

漢方薬の肥満改善効果 世界で初めて解明 [肥満]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

食欲増進ホルモンを低下させるメカニズムを世界で初めて発見、内臓脂肪型肥満に対する漢方薬の改善効果が科学的に解明されたそうです。

発見者
横浜市大医学部の田村功一准教授ら循環器・腎臓内科学の研究グループ、2013年10月24日から開催される日本高血圧学会総会で発表する。

研究成果
肥満症はメタボリック症候群を経てさまざまな生活習慣病の原因になるが、治療は食事、運動療法による減量が中心で成功例が少ないのが実情。
一方、漢方薬は日常診療で広く使用されているが、効能のメカニズムは大部分が不明。

今回の研究成果によって、西洋医学の知見と組み合わせた統合医療が前進しそうである。

研究の経緯 肥満症、動悸、肩凝りなど高血圧の随伴症状に効能・効果があり、医師が処方した場合には保険が適用される漢方薬「防風通聖散(つうしょうさん)」を対象に、
厚生労働省の助成研究として2010年度から2012年度まで効能・効果のメカニズム解明に取り組んできた。

マウスの実験方法 研究グループは、内臓脂肪型肥満、高血圧などの生活習慣病を発症させたマウスに防風通聖散を投与。
体重、餌を食べる量、血圧、脂肪組織、糖脂質代謝に対する治療効果を検証した。

実験結果
試験観察では、脂肪を燃焼させる基礎代謝を担う褐色脂肪細胞が活性化し、皮下脂肪などの白色脂肪細胞の小型化が促進された。
血液検査では、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の低下、脂肪細胞から分泌される抗動脈硬化ホルモンの上昇も認められた。

餌の摂取量が減少したので、食欲抑制のメカニズムを解析したところ、食欲増進ホルモンのグレリンの血中濃度低下を確認。体重や食事量の増加、血圧上昇が継続して抑えられた。

今後の見通し
漢方薬は日常的にさまざまな疾患に対して処方されており、
厚労省が設置した「『統合医療』のあり方に関する検討会」は「食生活やストレスなど複合要因によって起こりうる疾患については、近代西洋医学だけでなく、漢方、健康食品など各種の民間療法が広く患者、国民に利用されている実態がある」との認識を示している。

田村准教授は「肥満症は、薬品や手術による治療法もあるが、副作用などから適用はごく一部の重症患者に限られている。
処方されることが多い漢方薬の作用メカニズムの一端が解明されたことで、西洋医学との併用によって効果的な治療につながる」としている。

☆本当にすばらしい研究成果ですね。これでメタボリックシンドロームの少なくとも半分は解消するのではないでしょうか。

(ソース:横浜市大が肥満への漢方薬効果を解明/神奈川 2013年10月20日【神奈川新聞】)
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

やせ薬 治験で不正の疑い 身長偽装か 小林製薬申請取り下げ [肥満]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

製薬大手の小林製薬(大阪市)が開発した肥満症治療の「やせ薬」をめぐり、臨床試験(治験)に参加した被験者の身長が改ざんされた疑いがあることが30日(2013年6月)、分かった。

小林製薬は結果を基にいったん製造販売許可を国に申請したが、データに疑義があるとして取り下げたということです。

☆小林製薬と言えば、ユニークなアイデアで最近急速に発展している有名な大手製薬会社で、私も愛用品がありますからびっくりしました。どういうことなのでしょう。

小林製薬によると

治験は民間の支援機関に委託し、大阪市西成区の千本病院で2010年5~11月に実施。
被験者の要件として、身長と体重から肥満度を算出する体格指数が25以上35未満となるよう求めたそうです。(ソース:2013/06/30 12:41 【共同通信】) 

☆これだけでは、どういうことか分かりにくいのですが、被験者の体格指数(BMI)が問題のようですね。
被験者が予定の人数集まらなかったのかなにかで、体格指数(BMI)を25~35未満(肥満)にするために、身長をごまかしたのではないでしょうか。

体格指数(BMI)とは

近年健康診断の項目に必ず書かれているので、ご存知の方も多いと思いますが、

体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った(体重÷身長÷身長)数値で、国際的に用いられている。
18.5以上25未満を標準とし、18.5未満は「やせ」。日本では25以上を「肥満」としているが、
米国では25以上30未満を「太り過ぎ」、30以上を「肥満」と区別している。
米疾病対策センターによると、米国の成人の65%が太り過ぎか肥満とのこと。(共同)

☆まだ詳しいことは発表されていないようですが、あながち小林製薬が悪いわけでもないようで、千本病院が悪いようにもとれます。まあ、申請をとりやめたのは良かったですね。後日詳細が分かることでしょう。

安全なやせ薬が開発されれば売れることは間違いないですから、みなやっきになって開発していることと思われます。
でもやせ薬で死亡例もかなりあるようで、本当に安全な薬かどうかはとても心配です。
ましてこのようなニュースがあるとまたまた心配になります。
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

空腹で記憶力アップ ハエ使った実験で確認 [肥満]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

ラジオで聞いたニュースをネットで調べてみたら、もう3か月も前に発表されたいました。見逃していたのです。

ニュース

空腹になると脳内のたんぱく質の一種が活発に働き、記憶力が向上する仕組みがあることが、ショウジョウバエを使った実験で発見されました。

これは、東京都医学総合研究所のチームによる発表で、論文が25日(2013年1月)付の米科学誌サイエンスに掲載されました。

研究チームは、同様の仕組みによる記憶力の向上は、人でも起きている可能性があるとみているそうです。

実験方法

絶食させたハエと満腹のハエに特定の匂いをかがせて電気ショックを与える。
・その1日後に、嫌な記憶に結びついたこの匂いを避けるかどうかを調べた。

実験結果

・9~16時間の絶食後にショックを与えたハエは、満腹ハエに比べ、匂いを避ける割合が約2倍高かった。

結果の理由

ハエの脳内の神経細胞を観察したところ、空腹になると「CRTC」と呼ばれるたんぱく質が活発化して記憶に関係する別のたんぱく質と結合し、この働きが高まることがわかった。

研究者の話

CRTCは人にもあるため、適度な空腹で記憶力が改善することは十分考えられる。ただし、記憶力向上には、さまざまな要因がある。空腹での勉強だけに頼るのはお勧めできない」と同研究所の平野恭敬主任研究員は話しているそうです。
(出典:2013年1月26日 読売新聞)

☆学生時代、満腹になると眠くなって勉強ができませんでしたから、自然に、空腹時に勉強していました
が、意にかなっていたのですね。なんとなくわかったいたことです。

☆適度な空腹は健康にも長生きにもいいようですね。

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

口内炎の薬でやせる? ネズミで確認 [肥満]

[医療ニュース] ブログ村キーワード


口内炎の治療に使われる薬をネズミに投与したところ、肥満ネズミが痩せる効果が確認されました。
ネズミたちは食べる量を減らしたり運動量を増やしたりしなくても体重が減ったということです。

米ミシガン大学の研究チームが2013年2月10日、医学誌ネイチャーメディシンに研究結果を発表。

研究チームは年内に臨床試験に踏み切る方針で、人間にも効果が表れる可能性は高いと期待を示しているそうです。

実験
脂肪分の高い餌を与えて肥満状態にしたネズミに対し、口内炎の治療薬として米国で15年以上前から市販
されているアンレキサノクスを投与。

その結果、ネズミたちは高カロリーの餌を食べ続けているにもかかわらず体重が減り、アンレキサノクスの投与をやめる
と再び元の体重に戻った。

研究チームは複数の医薬品について調べた結果、代謝をコントロールする遺伝子に対してアンレキサノクスが作用する
ことを発見。

ネズミに投与すると、食欲を抑えることなく代謝を上げる効果があることが分かった。

期待
「肥満を抑制するための新薬の開発につながる可能性がある」とルイジアナ大学で肥満などについて研究しているジョージ・
ブレイ医師は期待を示しているそうです。

心配

臨床試験の結果、もし人間にも痩身効果があることが確認されても、心臓などほかの部分に思わぬ副作用が
出る可能性もあることから、安全性の検証が不可欠となります。
 
★これは期待できますね。口内炎の薬として使われているなら、それほどの副作用があるとは思えないですから。

出典:Yahooニュース 口内炎の薬に痩身効果? ネズミで確認、年内にも治験へ
CNN.co.jp 2月11日(月)12時40分配信

最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

理研 肥満に関わる膜タンパク質の機能解明 [肥満]

[医療ニュース] ブログ村キーワード

脂肪細胞膜上にある幕タンパク質 GPRC5B が肥満による2型糖尿病の発症に極めて重要な役割を果たすことが発見されました。

幕タンパク質GPRC5Bは、脂肪細胞幕上に局在するチロシンリン酸化酵素Fyn という細胞内外シグナルの伝達に重要な役割を担う酸化酵素と結合してその酵素活性を制御することを発見。

エネルギーの消費と蓄積のバランスが崩れると、GPRC5BによるFynの酵素活性が持続して、脂肪細胞
の慢性炎症を引き起こすことがわかりました。

肥満は2型糖尿病の主な危険因子であり、脂肪組織の慢性炎症が引き金となって血液中のブドウ糖(グルコース)の量が上昇し、2型糖尿病が発症します。

実験
2種類のマウスに高脂肪食を与えづづけた

GPRC5B遺伝子所有マウスは 太って2型糖尿病が発症した。 

GPRC5B遺伝子欠損マウスは太らず、2型糖尿病発症が抑制された。

◆この発見により、肥満による2型糖尿病の発症機構の理解および新治療法の開発に期待が寄せられています。

★マウスではGPRC5B遺伝子欠損で、2型糖尿病にならないということですから、GPRC5Bが働かないようにすればいいのでしょうか。
でもそうするとチロシンリン酸化酵素Fynも働かないということで、問題が起こるでしょうね。
すぐに良い方法が見つかりそうではないです。


出典:日刊工業新聞 理研、肥満に関わる膜タンパク質GPRC5Bの機能を解明
2012年11月21日 独立行政法人理化学研究所
最近気になる医療ニューストップへ
ブログ元気元気へ
ダイエット方法を学ぶブログへ 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。